日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 金子恵美、安倍晋三への恩

金子恵美「総理になってから言え」発言に賛否! ラサール石井の安倍批判にキレた本当の理由

文=日刊サイゾー

「総理になってから言え」ラサール石井の安倍批判にキレた金子恵美の真の意図の画像1
安倍晋三

 たとえ政界引退を発表していても、昔の恩人への忠義は欠かさなかったようだ。

 先週金曜日、日本中を揺るがせた安倍晋三首相の辞任劇。その会見に噛み付いたのがラサール石井だ。これまで政権批判、安倍批判を繰り返してきたラサールは、ツイッターで「望んでいたことだが、全く喜びも感慨もない」「記者会見はヌルく、まるで番記者と総理のお別れ会」とつぶやいたが、これに猛然と抗議したのが、元・衆院議員で現在タレントとして活動する金子恵美だ。30日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS)に出演した金子は、ラサールのツイートに対し、感極まった様子でこう語った。

「政治家をやったことのないコメンテーターのコメント」

「健康を理由に辞めることがどれだけ辛いか」

「選挙に出て総理になってから言ってもらいたい」

 金子は安倍首相のもとで2期、議員を務めた“安倍チルドレン”。いわば昔の親分に筋を通した形だが、関係者の声は手厳しい。

「ラサール石井の批判が的を射ているかどうかはさておき、総理への批判を許さないとは、まるで独裁社会。政治家に限らず、俳優でも芸人でもスポーツ選手でも、『そこまで言うならお前がやってみろ』という反論がNGなのは、議論の基本中の基本です。政治家がやることは、我々の生活に直結するだけに、国民の批判は甘んじて受けるべき。そもそも金子自身、総理どころか大臣にもなったことはなく、そんな人間に鬼の首を取ったように『総理になってから』なんて言われても……」(フリージャーナリスト)

 金子は2017年10月の選挙で落選し、昨年10月に『サンデー・ジャポン』で突如、政界引退を発表。現在はタレントとしてバラエティ番組で活躍しているが、今回の発言には深い意図がありそうだ。

12

「総理になってから言え」ラサール石井の安倍批判にキレた金子恵美の真の意図のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真