日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビ局アナのSNS事情

ストーカーに狙われる危険性も!? テレビ局アナウンサーの「SNS事情」

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:Kyrre-Gjerstad

 今や誰しもが使いこなすようになったツイッター、インスタグラムなどに代表されるSNSだが、テレビ局のアナウンサーにとっても避けることができないツールになっている。

 フリーアナウンサーを中心とした“女子アナ”が日々、熱心にSNSを更新しているのは本サイトのユーザーも見かけたことはあるだろう。在京テレビ局編成マンは「最初は得体の知れない媒体だったので局としてはNGを出していたが、今や女子アナ個人でも公式扱いでアップできるように環境が変わった」という。

 ただ、一方で「DM(ダイレクトメッセージ)はしていません!と書いているのに、相変わらずナンパ目的でメッセージを送ってくる輩も多い。その中には有名DMナンパ師の中堅芸人・Aの名前もちらほら聞いています」(同)と笑う。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2020年は芸能界にも一気にYouTuberデビューの波がやってきた。

 とある地方テレビ局幹部も「うちでも局の宣伝を兼ねてやらせようという話になったが、宣伝っぽさを出しても誰も見ない。ユーザーが見たいのは“裏側”だったり“真相”ですから。画面に映っていない間、どこで何をしているのかを知りたがってるわけです。

 インスタグラムの生配信もそういうふうに使われることが多いですよね。だけど、出し過ぎると生活圏がバレてしまう可能性もある。何もなければいいけど、女子アナだとストーカーに狙われる危険性もはらんでいる。扱いは難しい」と話す。

 最近、風向きが変わったのはこの流れが“男性アナ”にも押し寄せてきたことだ。

「今までは派手な女子アナがSNSを使う機会が目立っていましたが、男性アナも同じになってきた。とある放送局では、契約アナであることを理由にYouTubeチャンネルを勝手に立ち上げてちょっとしたトラブルになっているところも。周りのスタッフは『そんなに出たいなら局アナ辞めたら?』と呆れてますよ。大体、そういう方面に力を入れるアナウンサーって本業があまりうまくいっていないか、力不足で周りに迷惑をかけているパターンが多い」(同)

 アナウンサーの方々、SNSのヤリ過ぎにはご用心を……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/08 14:36

ストーカーに狙われる危険性も!? テレビ局アナウンサーの「SNS事情」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真