日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 岡副麻希「整形レベル」すっぴん

話題作りに必死すぎ⁉ 岡副麻希、「整形レベル」のガチすっぴんに女性たちから辛らつ意見

文=日刊サイゾー

岡副麻希(セント・フォース公式プロフィールより)

 思っていた反応とは違った?

 フリーアナウンサーの岡副麻希が、9月5日に更新した自身のインスタグラムにて、無加工のすっぴん画像を公開した。

「岡副はこの日、シミ予防の治療を受けたことを報告。『#真っ赤 #無加工なのだけど赤が伝わりづらい』というコメントを添えて、少し赤くなったすっぴん姿の写真を投稿しました。しかし、ふだんテレビで観るよりも目が極端に大きく見える別人ショットに驚いた人が続出。確かに、誰だかわからないレベルでしたね」(女性誌ライター)

 ネット上では「可愛い」の声が聞かれる一方で、女性が多く集まるネット掲示板では「驚き!整形したの⁉」「二日酔いの杏って感じ」「何歳か知らないけど30代の肌に見える」「毛穴が目立つ。キメが粗い」などと散々な言われようだ。

「岡副は今年1月にもインスタグラムですっぴんを公開。美顔器を片手に、美肌を目指している様子を披露していました。しかし、今回の画像を見ると、日焼けのしすぎからか赤味はシミが目立つようになっています。嘘くさいすっぴんを載せているタレントも多いなか、この画像はかなりガチに見えます。

 本人は自信があって投稿しているのだと思いますが、ネガティブな反応が多かったのはショックだったかもしれませんね。かつては『めざましテレビ』(フジテレビ系)などで活躍していた彼女も、現在は『SUPER GTS+』(テレビ東京系)くらいしかテレビで観ることがなくなった。コンディションの悪い肌をわざわざ公開したもの、それだけ話題作りに必死なのでしょう」(女性誌ライター)

 とにもかくにも、岡副のすっぴんを見て、女性たちは「日焼けは美肌の敵」を再確認したようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/11 06:00

話題作りに必死すぎ⁉ 岡副麻希、「整形レベル」のガチすっぴんに女性たちから辛らつ意見のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真