日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!
映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』公開記念インタビュー

亀山千広『踊る大捜査線』プロデューサーが映画復帰 「ジャズもドラマづくりも大事なのはグルーヴ」

文=長野辰次(ながの・たつじ)

菅原さんの名言「ジャズというジャンルはない」

『踊る大捜査線』亀山プロデューサーが映画復帰 「ジャズもドラマづくりも大事なのはグルーヴ」の画像2
大学時代は名画座に通う日々だった。「ヌーベルバーグ系の作品をよく観ていましたが、スピルバーグの登場は衝撃的でした」と振り返る。

ー学生時代は年間400本も劇場で映画を観るほどの映画青年だった亀山プロデューサーですが、ジャズもお好きだったんですね。

僕が上京して、早稲田大学に入ったのが1976年。田舎者が手っ取り早くインテリぶれるのがジャズだったんです(笑)。当時の早稲田は名画座だけでなく、ジャズ喫茶や中古のレコード屋も多かった。バイトで稼いだお金で、秋葉原のオーディオ店「SANSUI」で大きなスピーカーを買って、電車で下宿までかついで帰り、一枚500円の中古レコードを繰り返し聴いていました。昼は名画座で安く映画を観て、夜は下宿に帰ってビル・エヴァンスやマイルス・デイヴィスを聴く。それとキャンディーズも。そんな時代だったんです。菅原さんも中古レコードを下宿で一日中聴いて、自分の道を決めたそうです。

ー矢口史靖監督の『スウィングガールズ』(04)も、ジャズがモチーフでした。

あれは作っていて、とても楽しい作品でした。ジャズにうるさい人からは「ジャズじゃない」なんて厳しいことも言われましたが、ブラスバンドのお話なんであれでいいんですよ。「ベイシー」に行くようになったのも、そのくらいの頃でした。僕が初めて「ベイシー」の扉を開けると、それまで音楽雑誌などで紹介されていた菅原さんこだわりのオーディオ設備が迫ってくるように感じました。そのとき流れていたのは、ジョン・コルトレーン。僕がコルトレーンを苦手なのを知っていて、菅原さんはあえて流していたようです。僕がコルトレーンを初めて聴いたのは『至上の愛』だったんですが、それ以来コルトレーンはダメだった。でも、「ベイシー」でコルトレーンを聴くと、全然違うんです。菅原さんいわく「最初に選んだ一枚がよくなかった」ということだそうです。以来、菅原さんは僕のジャズの師匠であり、オーディオの師匠でもあるんです。

ー映画『ジャズ喫茶ベイシー』の音も、すごく鮮明で驚きました。

そこは星野監督のこだわりですね。元になる原盤のレコードがあるのに、わざわざ一関の「ベイシー」まで機材を持って、店内で流れる音を録音しているんです。しかも、アナログで録音して、ダイレクトカッティングまでしている。多分、この映画の大事なところは、そういう作り手のこだわりだと思うんです。星野監督にとって、菅原さんは人生の師匠でもあるわけです。被写体に対する畏敬の念を感じさせました。

ーカウント・ベイシーをはじめ、「ベイシー」を訪れたゲストの顔ぶれもすごいけれど、菅原さんが語る「ジャズというジャンルはない ジャズな人がいるだけだ」などの台詞が胸に刺さります。

僕の自宅のオーディオも真空管アンプです。もともとは門前仲町のジャズ喫茶「タカノ」にあったものが岩手のオーディオ店に流れ、そのことを菅原さんから聞き、買い付けたんです。スピーカーは「これが合うよ」と菅原さんが持っていたものを譲っていただきました。本当にいい音です。以来、オーディオ熱も再燃しました。オーディオに不具合がある場合、菅原さんに相談するんですが、「接点を確かめろ」とか基本的な答えが返ってくる。それって、ジャズにも言えることだし、人と人との関係にも言えることですよね。ボタンのちょっとしたかけ違いで、人間関係がうまく行かなくなることもある。そんなときは基本に立ち帰れと。ジャズ談義やオーディオ談議にかこつけてますが、菅原さんみたいな人生経験が豊富な人と話していると、いろいろと自分の人生に返ってくるものがあるんです。若い人にはジャズ喫茶という文化があることを知ってほしいし、人生にもがいている大人にもぜひ観てほしいですね。

123

『踊る大捜査線』亀山プロデューサーが映画復帰 「ジャズもドラマづくりも大事なのはグルーヴ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデ...
写真