日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅政権で強権政治から恐怖政治へ
週刊誌スクープ大賞

菅義偉政権で“強権政治”から“恐怖政治”へ…富裕層は優遇され貧しい者はさらに貧しくなる!

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

 さて、まずはあまり誇らしくない隣国の話。

 新潮の韓国嫌いは筋金入りだが、今週号で報じているような理不尽なことが行われるとすれば、新潮ならずとも、「韓国は何やっているんだ」と思わざるを得ない。

 韓国では、破防法ならぬ「破墓法」を成立させようとしているというのだ。これは韓国ウオッチャーによると、

「戦前に『親日的』だった人物が国立墓地に眠ったままでは、『親日残滓の清算』が終わったことにはならないし、他の霊も安らかに眠れないという理屈なのですが……」

 この法律の正式名称は「顕忠院親日派破墓法」という。その対象には韓国初代大統領の李承晩も入るというのである。

 新潮によれば、文在寅大統領がこれの成立に熱心だというのだが、にわかには信じられない。

 菅政権の喫緊の課題は、日米関係よりも日韓との関係修復であると思う。氾濫する嫌韓情報に惑わされず、早急に動くべきである。

 お化けドラマ「半沢直樹」を10倍楽しむための秘密を開陳しているのは文春。

 堺雅人は筆まめだという。恩師にもよく便りを出すらしい。

 また堺は、西田幾多郎の『善の研究』を読んでいるそうだ。

「西田の一元論を芝居にも活かそうと心掛けているそうです。堺君は『上手くなることは危ない』という考えの持ち主。小手先で“上手く”演じるのではなく、その役の真理背景を徹底的に理解して演じる」(堺の恩師で若山牧水記念文学館の伊藤一彦館長)

 こりゃ、ドラマを見るには哲学の勉強がいるようだ。

 このドラマ、丸々通しで撮影されるため、役者たちの緊張感は大変なようだ。だがその中で、自在にアドリブを入れる香川照之は別格。

 話題になった「後ずさり土下座」も、とっさのアドリブだったという。

 柄本明演じる進政党幹事長のモデルは、JAL再建当時の小沢一郎だそうだ。

 などなど、まだまだ「半沢直樹」、話題は尽きないようだ。

 文春が、安倍政権時代に“権勢”を誇っていたNHKの岩田明子が干されていると報じている。

 先週は現代の、NHKの岩田明子が以前ほど出番がないという話を紹介したが、文春によれば、8月28日に「安倍辞任」をスクープしたのも岩田だというが、その彼女がテレビから消えたというのである。

 安倍の在職日数記録達成について報じた『ニュース7』『ニュースウオッチ9』でも岩田は不在だったし、首相辞任を特集した『NHKスペシャル』にもタッチしていなかったそうだ。

 それは、今年1月に会長に就任した前田晃伸の“天の声”だといわれているという。前田会長が政治部出身の副会長に「強すぎる現場は困るんだ!」といって、岩田外しを示唆したというのである。

 強すぎる現場という意味がよくわからないが、安倍も替わったんだから、人心一新ということか。

 だが、ポストは、そうではない、アベと共に去りぬとはならないと報じている。

「第2次安倍政権の“親衛隊”とされたメディア人が、NHK政治部記者兼解説委員を務める岩田明子氏、産経新聞論説委員兼政治部編集委員の阿比留瑠比氏、テレビコメンテーターの田崎史郎氏の3人だ。

 8月28日の辞任表明に関しては、岩田氏がNHKで他メディアに先駆けていち早くすっぱ抜くと、田崎氏は、首相会見前に辞任の可能性について『五分五分』とコメントしていたことについて、後日『7割8割以上の確信がないと5割って言えない』と得意気に解説してみせた。

 一方、産経新聞の阿比留氏は、首相の辞任表明後、〈一つの幸福な時代が、終わりを告げた喪失感は否めない〉(29日付産経新聞)と複雑な心情を吐露している」(ポスト)

 政治ジャーナリストの藤本順一は、3人は安泰だというのである。

「岩田さんは大学時代、行政機構研究会で勉強してきたため、行政を深く理解していて、政策にも明るい。だからこそ岩田さんは、安倍さん最大のブレーンとなったのです。政府の『日本の美』総合プロジェクト懇談会は彼女の発案で始まり、人選もしたと聞く。組閣に口を出していたという話もあります。

 安倍さんとの関係のみが注目されがちですが、政治記者として圧倒的に優秀ですし、安倍路線を謳っている菅さんも好き嫌いはともかく彼女を重用し、官邸発のスクープを連発するでしょう」

 阿比留については、

「右派論客のなかで“安倍擁護”の立場を確立してくれた阿比留さんの存在は、安倍さんにとっては心の安らぎになっている。もし今後産経を退職すれば、安倍さんが面倒を見るのでは。自民党の派閥トップと番記者は昔からそういう関係。退職したら政府系の公益法人やシンクタンクに“天下り”する道も考えられる」

 では、テレビ界の“安倍応援団”田崎の行く末は。

「田崎さんはテレビでキャラを確立したから、安倍さんが辞めてもタレントとしての価値は残る。安倍さんと寿司に行ったことで『田崎スシロー』と呼ばれたように、テレビ的にはいじられキャラでウケればいい。官邸とのパイプが細っても、これからも〝政府の代弁者キャラ〟としての役割を担うするのではないか」

 私は、岩田、阿比留はそうかもしれないが、これから安倍に対する批判、その後継の菅への批判が高まれば、一心同体だった田崎も、視聴者は目障りになるはずだ。

 いい年をして「電波芸者」はみっともない。おやめなさい。

12345

菅義偉政権で“強権政治”から“恐怖政治”へ…富裕層は優遇され貧しい者はさらに貧しくなる!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

やさぐれキャラ・納言の戦略

「神田の女はすぐ金券ショップに入るなあ!」 ――タバコ。ライダースジャケット。そして、東...
写真