日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > ノーラン監督『テネット』レビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.602

超難解な内容でも、リピーター効果で大ヒットに ノーラン監督が仕掛けた高等パズル『テネット』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

物理学者は罪を知った

『テネット』のキーパーソンを演じたエリザベス・デビッキ。身長190cmを超える規格外のヒロイン。

 銃口へと銃弾が戻る、世にも奇妙な逆行銃の出どころを名もなき男は探ることになる。物理学に詳しい男、ニール(ロバート・パティンソン)が相棒だ。ロシアの新興富豪で、武器商人としての裏の顔を持つアンドレイ・セイター(ケネス・ブラナー)が怪しいことを突き止め、セイターに近づくためにセイターの妻・キャサリン(エリザベス・デビッキ)に接触する。

 ところが重要なミッション中に、未来から逆行してきた何者かが現われ、名もなき男の前に立ちはだかる。格闘シーンも逆回転、車の走行も逆回転という奇妙奇天烈な相手によって、たびたび苦汁を呑まされるはめに陥る。未来からの逆行者は、全身を防護服で覆われ、酸素呼吸器を付けており、正体が不明だ。その素顔は最後になってようやく明かされる。

 本作のタイトルである「Tenet」は、信条・主義を意味する英語。前から読んでも後ろから読んでも同じこの言葉は、主人公たちのミッションのコードネームであり、また本作のテーマにもなっている。

 劇中で「マンハッタン計画」について語るシーンがある。天才物理学者ロバート・オッペンハイマー博士率いる極秘チームによって、1945年7月に世界初となる原子爆弾が開発されたプロジェクトだ。もともとオッペンハイマー博士は宇宙物理学の分野でブラックホールの研究に多大な功績を残していたが、その優れた知能を活かし、原子爆弾の製造を主導した。米国ニューメキシコ州で行われた「トリニティ実験」の成功後、わずか1カ月後には日本の広島と長崎に投下されている。新潟、京都にも投下される予定だった。

 天才物理学者たちが生み出した最新テクノロジーが、20万人以上もの名もなき非戦闘員たちの命を奪い、今も後遺症で苦しむ人たちがいる。戦後、オッペンハイマー博士はその事実を知り、「私の手は血で汚れている」「物理学者は罪を知った」という悔恨の言葉を残している。

 時間を自由に逆行できるようになれば、過去はいくらでも改竄することが可能になる。「運命」という概念も消えてしまうだろう。歴史も運命も意味がない、混沌とした世界になるに違いない。そんな無秩序な世界で、心の支えになるものがあるとすれば、それはその人個人が持つテネット=信条でしかないのではないか。

123

超難解な内容でも、リピーター効果で大ヒットに ノーラン監督が仕掛けた高等パズル『テネット』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル...
写真