日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 映画『ミッドウェイ』レビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.599

豊川悦司、浅野忠信、ウディ・ハレルソンが競演 あの“破壊王”が描いた戦争絵巻『ミッドウェイ』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

 

豊川悦司が連合艦隊司令長官・山本五十六を演じた『ミッドウェイ』。豊川は頭を丸めて役に挑んだ。

 太平洋戦争において、日本と米国との命運を大きく変えることになった最大の分岐点が「ミッドウェイ海戦」だ。太平洋戦争最大の決戦となったこの戦いを、連合艦隊司令長官・山本五十六役に豊川悦司、太平洋艦隊司令長官・ニミッツ大将役にウディ・ハレルソン、と日米の人気キャストを配して、ローランド・エメリッヒ監督が『ミッドウェイ』として映画化した。大ヒット映画『インディペンデンス・デイ』(96)で宇宙からの侵略者を撃退することで人類が団結するという逆説的な世界平和を唱えたエメリッヒ監督は、歴史的史実をどう描いたのだろうか。

 物語序盤で描かれるのは、太平洋戦争の幕開けとなった「真珠湾攻撃」。米国との戦争回避の道を模索していた山本五十六(豊川悦司)だったが、日本のエネルギーや資源を封鎖する包囲網を米国側が解く意思がないと分かり、やむなく開戦を決断。戦争の早期終結を前提に、米軍の太平洋における重要拠点であるハワイの真珠湾を攻略する。

 1941年12月6日、日曜の朝。日本の航空部隊による空襲を米軍は演習と勘違いし、虚を突かれたパールハーバーは壊滅状態に。米軍の戦艦が次々と火の海に沈んでいくシーンは、“破壊王”の異名を持つエメリッヒ監督ならではのものだ。米国の領土が爆撃されたのは、2001年のNY同時多発テロ以前では初めてのことだった。米国全体がパニックに陥る中、仲間を失ったベテランパイロットのベスト大尉(エド・スクライン)は日本軍へのリベンジを誓う。

 大きな痛手を負った太平洋艦隊の新しい司令長官に指名されたのは、「ひねくれ者」と評されていたチェスター・ニミッツ(ウディ・ハレルソン)。米軍不利な状況での重責を、ニミッツは引き受ける。そんな中、米軍情報部が仕掛けた頭脳戦によって、日本軍の暗号解読に成功。日本海軍が残された米海軍を徹底的に叩くための決戦の場を、ミッドウェイ島に定めていることを突き止める。

 真珠湾攻撃に成功して勢いに乗る日本海軍は、南雲忠一中将(國村隼)率いる第一機動部隊の空母「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」をミッドウェイ島へ向けて出撃。山本五十六が乗艦する戦艦「大和」がそれに続く。1942年6月4日、日米の主力機動部隊同士がミッドウェイ島沖で大激突することになる。

123

豊川悦司、浅野忠信、ウディ・ハレルソンが競演 あの“破壊王”が描いた戦争絵巻『ミッドウェイ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真