日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 上田竜也チャンカパーナ拒否事件

ファンは小躍り!? KAT-TUN・上田竜也「チャンカパーナ拒否」事件のPR効果は絶大か

文=日刊サイゾー

KAT-TUN・上田竜也

 ファンは密かに大喜びしているようだ。

「チャンカパーナだけ踊らかなった男」として、一気に注目度を上昇させたのが、KAT-TUNの上田竜也。

「9月12日放送の『The MUSIC DAY』(日本テレビ系)内のジャニーズシャッフルメドレーで、NEWSの代表曲『チャンカパーナ』を歌唱したのですが、上田は一人だけポケットに手を突っ込んだまま棒立ち。カメラに向かってメンチを切り、ダンスを踊ることを『拒否』したような態度を取ったことで、『上田は手越のことが嫌いなのか』『あの態度はおかしい』などとネット上をザワつかせることとなりました」(テレビ誌ライター)

 ところが、意外にも上田ファンは、上田がここまで話題になっていることに小躍りして喜んでいるという。

「そもそも不良のイメージでデビューしたKAT-TUNですが、デビュー当初は亀梨和也と赤西仁のツートップの存在感が強かった。その後、メンバーが次々と抜けたり、逮捕される元メンバーがいたりと、常に何かと話題を振りまくグループではあったものの、上田はいま一つ存在感を示せていなかった。そんな上田の状況に焦れていたファンも少なくなかったようです。

 それが今回の騒動で注目を浴びる形になったことに、『実はいいキャラしているんだよね』『こんなに話題になったの初めてだよね』と大喜び。実は上田には、15年の同番組で『チャンカパーナ』の振り付けを忘れて踊れなかったという天然のやらかしがあって、今回はそのリベンジのチャンスだったのですが、完全に“ネタ”に走ったようです。

 こうなると来年も同番組でメドレーがあれば確実に同じ曲をぶつけてくるでしょうし、その時、どういう振り付けを上田がやってくるかはそれこそ注目です」(制作会社スタッフ)

 放送を観た同じジャニーズタレントたちが、さっそく上田をイジりまくり、そのたびにネットニュースでも話題となっている。「不良っぽいけど実はいい人」で知られる上田の時代が到来か!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/27 00:00

ファンは小躍り!? KAT-TUN・上田竜也「チャンカパーナ拒否」事件のPR効果は絶大かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真