日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『お笑いの日』感染対策は吉と出るか

TBS『お笑いの日』“業界で最も厳しい”というダウンタウンの感染対策はどうなる? リモート観客に不安も

文=日刊サイゾー

TBS『お笑いの日』業界で最も厳しいというダウンタウンの感染対策はどうなる? リモート観客に不安もの画像1
TBS公式サイトより

 9月26日に8時間にわたって生放送されるTBS系『お笑いの日2020』。『キングオブコント2020』決勝戦のほか、『音ネタFES』、『ベスト・オブ・ザ・ドリームマッチ』、『ザ・ベストワン』の4パートに分けて、ネタ番組がぶっ続けで放送される前代未聞の試みだ。ここで注目が集まっているのは、総合司会を務めるダウンタウンの2人に対する新型コロナウイルス感染対策だ。

「いま、バラエティ界でもっとも厳しく感染対策をしているのが、ダウンタウンだと言われています。ダウンタウンのレギュラー番組は、基本的に複数のゲストを呼んでトークをする内容が多く、自然と感染リスクが高くなってしまう。ここでもし、ダウンタウンのどちらかが感染したら、そこからゲストやスタッフに感染が拡大する可能性もありますからね。そういった最悪のシナリオを回避すべく、ほかの番組よりも感染対策が厳重になっているようです」(テレビ局関係者)

 さらに、吉本興業内部には、ダウンタウンを絶対に感染してはならないという空気があるのだという。

「ダウンタウンは吉本の顔ですから、吉本内部では“ダウンタウンが感染したら、吉本は総崩れ”だという認識すらある。そもそも、吉本ではすでに何人もの芸人が感染していることもあり、社内での感染防止ガイドラインをかなり強化しているところ。そんな状況でダウンタウンが感染したら、“ガイドライン強化は嘘だったのか”となってしまう。まさに、吉本のメンツをかけて、ダウンタウンの感染を防ぎたいということでしょう」(お笑い事務所関係者)

 そんな状態で生放送される『お笑いの日2020』は、果たしてネタ番組として盛り上がるのだろうか?

「通常ネタ番組といえば、観客を入れて収録することがほとんどですが、感染防止のため、今回は“リモート観客”を採用します。リモートで番組を見ている観客の姿が、ワイプなどで抜かれるという形式なんですが、“生”の感覚がしっかり伝わるのかどうか、不安な部分も多い。リモート観客がネタを邪魔してしまう可能性もあるでしょう。すっぱりと無観客にしたほうが良かったのではないか……ということにならなければいいんですけどね」(同)

 ネタ番組に適している状況とも言い難い中、8時間の生放送という大冒険に打って出るTBS。8時間スベり続けるなんていう大惨事が起きないことを願いたい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/26 10:00

TBS『お笑いの日』“業界で最も厳しい”というダウンタウンの感染対策はどうなる? リモート観客に不安ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真