日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 藤井隆が語る角川映画の真髄
映画『みをつくし料理帖』公開記念インタビュー!

藤井隆が語る「青春の色合いを変えた」角川映画の真髄と役者

浅野温子のおかげで驚くほど自然にできた夫婦役

藤井隆が語る「青春の色合いを変えた」角川映画の真髄の画像7
(写真/河西遼)

——今回角川監督自身が「生涯最後」とおっしゃっていますが、現場の雰囲気はどういった感じでしたか。

藤井 私が勝手に緊張したり勝手に舞い上がったりしていただけで、実際の現場はすごく穏やかだったと思います。自分が携わってるシーンの話ですが、実際カメラ回すまでは、本当にじっくりと時間を取ってくださって、こうストンと落ちるまで教えてくださったので、ピリピリしたり荒ぶってたりとか、そういう雰囲気とは無縁でした。

 それはひとえに監督と、監督のことを信頼して、角川さんのことを好きな人が集まってる場所だからだと思いますね。音声さんやお衣装さんやメイクさん、自分に近い場所にいるスタッフさんが本当に優しくしてくださって心強かったですし。音声さんがご自身のベースのところにさりげなく椅子を用意してくださって。そこで他愛もない話をしながらリラックスさせてくださったりしました。「角川映画」とか「角川春樹」ということに勝手に盛り上がってるのは自分だけで、それ以外は実は本当に穏やかだったんじゃないかなと。今振り返って冷静に考えるとそう思います。

——アドリブはありましたか?

藤井 僕に関してはなかったと思います。

——劇中の浅野さんと藤井さんのやりとりが本当に楽しそうで、もしやこの辺りはアドリブなのでは?と思っていました。

藤井隆が語る「青春の色合いを変えた」角川映画の真髄の画像8
(写真/河西遼)

藤井 そうですね! セリフが終わってカットがかからないと浅野さんがカットがかかるまでアドリブでつないでくださいました。自分も役として、この距離感で出た言葉とか出る言葉がきっと、あったと思いますね。アドリブだということを今聞かれるまで忘れてたぐらいなので、たぶん普通にそれは「はいカット!」がかかるまでの間の、お互いが持てる、みんなが持てる“台詞”だったんじゃないでしょうかね。

——藤井さん演じる清右衛門は戯作者(作家)の役ですが、どういう人物像を描かれましたか。

藤井 そうですね……僕はどんな仕事でもそうなんですけど、自分ひとりだけで考えることに限度があると思っています。やっぱり現場で、お衣装やメイク、セットの中で感じること、あとは何より共演者の方が話すセリフやお芝居からいただけるものにいちばん影響されると思っていますし、楽しいことです。

 今回も、持ち道具さんが「小説家なのでメモをするんじゃないか」って、手帳と筆を入れる袋を作ってくださったんですね。でも……本当にね、バカなんで、繋がりが難しいから、そんなに自由に小道具僕は操れないんですね。だからもう割とドンと置いたままでやってきたんですけど、本当に撮影の最後の最後の日にね、その方がね「実は…」って明かしてくださった。メッセージをそこに書いててくださったんですよ。20年ぐらい前の、あることをそこに書いてくださってて……ああそんな愛情深い方に、僕は道具を作って持たせていただいてたんだ、この期間……と思うと、もう本当に胸が震えました。もし僕に余裕があればその袋を「ちょっと使ってみようかな」つって、こうやって広げて「あれ?なにこれ!?」って気づけたかもしれないけど、僕が一向にそれを使うことが出来なかったので……(笑)。でもそれをね、最後くださったんです。この映画には撮影期間で色々なものを頂きましたけど、物だけじゃなく、気持ちもいっぱいいただきましたけど、あの手帳は本当に大事な宝物です。

12345
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真