日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > コロナ禍でベテラン芸人がネタ変更

コロナ禍でベテラン芸人も「ネタ変更」免れず……飛沫感染を恐れて“どつき漫才”は絶滅か

文=日刊サイゾー

コロナ禍でベテラン芸人も「ネタ変更」免れず……飛沫感染を恐れてどつき漫才は絶滅かの画像1
海原はるか・かなた(松竹芸能)

 ベテラン漫才コンビの海原はるか・かなたが先日、大阪市内で漫才披露をしたのだが、ここにもコロナ禍の影響が色濃く反映されていた。

 酒井くにお・とおるとともに「心斎橋角座」で70人の観客の前でネタを披露。

 はるか・かなたのお家芸といえばかつて、CM出演した際にも披露された「はるかが、かなたの髪の毛をフッと吹く」場面。だが、新型コロナウイルス感染拡大防止において、飛沫感染の危険性が指摘され、大事な舞台でも自粛したまま。代わりに扇子であおぎ当座をしのいでいる。

 海原かなたはネタ復活に向けて「早く収束してもらわないとね」と話したというが、演芸関係者は「観客同様、芸人のネタにも今後、大きく影響は続く」と危惧する。

「代表例でいえばどつき漫才などは、相方と“密接”な立ち位置でないとできませんから、やはり難しいでしょうね。はるか・かなた師匠のネタも同様です。それでも、代わりが効けばいいのですが、困るのは若手の漫才、コント師。これら迫力ある演出を一切省いてネタを考えなければならない。コロナ禍が長期化すればするほど、暗い影を落とす」(同)

 これまでは客席にお客さんが入れないことばかりがクローズアップされていたが、今度は芸人サイドにも大きなコロナ禍の波がきている。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/12 18:00

コロナ禍でベテラン芸人も「ネタ変更」免れず……飛沫感染を恐れて“どつき漫才”は絶滅かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真