日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人、岩隈と坂本の共通点

ジャイアンツ、引退の岩隈久志と2000安打・坂本勇人 G戦士2人の“悔やまれる選択ミス”

文=日刊サイゾー

ジャイアンツ、引退の岩隈久志と2000安打・坂本勇人 G戦士2人の悔やまれる選択ミスの画像1
坂本勇人(Getty Imagesより)

 なぜ誰かが、早く言ってあげなかったのか。

 セ・リーグ優勝を決めた巨人に2つの大きなニュースがあった。1つは岩隈久志の引退。もう1つは坂本勇人の2000安打達成だ。岩隈は日米通算170勝を上げたが、ケガから回復できずに引退を決断。一方、坂本の2000安打達成は「右打者最速」というおまけ付きだった。巨人ではまったく何もできなかった岩隈と、チームの主力の坂本。共通点は「チームメイト」だけかと思いきや、非常に興味深い共通点がある。

「岩隈と坂本は共に右投げ右打ちですが、実は2人とも、箸も鉛筆も左で使う生粋の左利きです。岩隈は“周囲が右投げ右打ちだったから”という理由で、坂本は“兄が右利きだったから”という理由で、右投げ右打ちになったそうです。松井秀喜、イチロー、大谷翔平など、右利きなのに左で打つ選手も多い中、左利きなのに右投げ右打ちというのは珍しいです」(週刊誌のプロ野球担当記者)

 それでも2人とも野球選手として大成功を収めたのだから、能力の高さが窺えるが、“もし利き手でやっていたら”と夢想する野球関係者は少なくない。少年野球の指導に長年携わる一方、野球専門誌にも寄稿するフリーライターはいう。

「野球は左利きが有利なスポーツ。特に打つほうに関しては、圧倒的に左打者が有利です。1塁に近いので、内野安打のチャンスが遙かに高くなりますから。右利きなら、右で打つか左で打つか、選択の余地はありますが、左利きなのにわざわざ右打ちを選ぶのはあり得ません。

 投げるほうに関しても、左はメリットが色々とあります。左投げは少ないので、苦手とする打者が多く、“左投げだから”という理由でドラフトにかかったり、1軍に上がれることがあります。300勝投手の鈴木啓示は、野球好きの父親に左投げにされ、成功を収めましたし、江夏豊や今中慎二も、元々は右利き。『巨人の星』の星飛雄馬も、強制的に左投げにさせられています。ただ、左投げだとできないポジション(捕手、二塁手、三塁手、遊撃手)が多いので、守備位置が少ないという問題があり、ハイリスク・ハイリターンではありますが」(フリーライター)

 スポーツの世界に“もし”はないが、もし2人が利き手でプレーしていたら、どうなっていたのか?

「岩隈があの長身で左投げだったら、バッターは本当に打ちにくいはず。あと5勝や10勝は軽く上積みできたでしょうし、メジャーでは左投げが特に大事にされるので、年俸も2割は高くなったでしょう。一方、坂本が左打ちだったら、ヒット数が毎年4~5本は違ったでしょうから、2000安打はとっくに達成していたはず。毎年打率も1分から2分は違っていたはずです」(同上)

 今さら悔やんでももう遅いが、そんな夢を抱かせてくれるのも、彼らがスター選手だから。それにしてももったいなさすぎると言ってしまったら、岩隈と坂本に失礼なのだろうか……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/13 07:00

ジャイアンツ、引退の岩隈久志と2000安打・坂本勇人 G戦士2人の“悔やまれる選択ミス”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真