日刊サイゾー トップ > インタビュー  > オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

オズワルド「このままM-1決勝に行けなかったら、忘れられて終わりな気がする」今年に懸ける気迫

文=鈴木工(すずき・たくみ)

「このままM-1決勝に行けなかったら、忘れられて終わりな気がする」今年に懸けるオズワルドの気迫の画像1
撮影:二瓶彩

 TBSラジオのネタ番組「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会が、10月17日に開催された。今年グランドチャンピオンの座に輝いたのはオズワルド。ツッコミの伊藤がネタ中にミスを犯すも、それを補って余りあるウケ方で見事優勝をかっさらった。昨年のM-1グランプリ決勝進出以降、着実に注目を集めているコンビに優勝記念インタビューを敢行。ただし、もはや一部ではおなじみとなった伊藤の遅刻が発動したので、30分遅れでのスタートとなった。

――まず今日の遅刻につきまして……。

伊藤(マスクの前に人さし指を突き出し「シー」のポーズ)

――「実家から来たので遅れた」とのことですね。

伊藤 ……はい。

――連絡受けたマネージャーさんが「嫌い!」と怒ってましたよ(笑)。ただ、伊藤さんに遅刻キャラがついてるから、待っているのがそんなに苦になりませんでした。

伊藤 いや、もうだいぶ前から笑えるところにいないというか。これもう録音してます? 書きます?

――書こうと思ってます。

畠中 遅刻については、こっそり書いてほしいですね。見出しになって目立つと今後の仕事に影響出るので。

――それはさておき、「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会優勝おめでとうございます。

伊藤・畠中 ありがとうございます!

畠中 東京だと賞レースがM-1以外あまりないので、でかい大会ですね。すごい箔がつきました。

――優勝は意外でした?

畠中 意外でした。

伊藤 あのミスさえなきゃ自信はあったんですけど。

――終盤のキーワードを出だしで口に出す失敗をしていましたね。

伊藤 もう終わったと思いました。ほかのところはウケてたんですよ。ただ、それを差し引いても、あのミスり方したらムリだろうなと。

畠中 ネタ合わせ中も何度か間違えていて、「あそこ気をつけてな」とネタ前に言うこともあったんですよ。今回はさすがに大きい大会なんで確認しないでいたら、ネタ合わせみたいに間違えたんで。

伊藤 本当に緊張してなさすぎて、ちょっとボーッとしていたかもしれません(笑)。

畠中 M-1は審査員が評価する大会だから、どんなにウケてもあの間違いしたら落ちてたでしょうね。でもラフターナイトはお客さんが決めるんで、大きなミスしてもウケたら票を入れてくれる。ちょっと特殊な大会だなと思いました。

伊藤 人気票ゼロ大会ですからね。本当に。

「このままM-1決勝に行けなかったら、忘れられて終わりな気がする」今年に懸けるオズワルドの気迫の画像2――コンビで折半した賞金50万円をその日で使い切ると公言していました。

伊藤 使いました。大会終わりで行ける人と一緒に高級焼肉店に行って、会計が39万円ぐらいで、みんなにタクシー代渡しておしまいです。1万円だけ残って、それはルームシェアの芸人とメシ食って使ってしまいました。

――ということは、50万円とっぱらいだったんですか?

伊藤 いや、入るのはまだ先ですね。一日で使い切るという発言を聞いて、マネージャーが貸してくれたんですよ。でも同じタイミングで粗品さんがギャンブルで700万円使って、僕の散財したニュースはかき消されました。

畠中 僕は手元に入ってないから、優勝した日にルームシェアしてる芸人と、板橋の焼肉店で3万円ぐらい使いました。つつましく。その後は家に帰って、いつものような日常に戻りました。

伊藤 絶対にそのほうがいいしな。

――これで年末のM-1に向けてはずみがついたのでは?

伊藤 勢いつきましたね。

畠中 自信になりました。

伊藤 でも、全く別の大会なんで、同じだと思っては臨まないですよ。ラフターナイトは本当に異種格闘技戦ですから。

123

「このままM-1決勝に行けなかったら、忘れられて終わりな気がする」今年に懸けるオズワルドの気迫のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真