日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > ぺこぱ解散ドッキリで松陰寺に大反響

「どっちかが死ぬまでぺこぱ」解散を拒む松陰寺のコンビ愛に「泣きそう」「かっこよすぎる」絶賛の声

「どっちかが死ぬまでぺこぱ」解散を拒む松陰寺のコンビ愛に「泣きそう」「かっこよすぎる」絶賛の声の画像1
YouTube:ぺこぱチャンネル「楽屋トーク。ハゲ」より

 18日放送の『ニンゲン観察バラエティ「モニタリング」』でドッキリにかけられたぺこぱの松陰寺太勇が話題だ。

 この日はシュウペイが仕掛け人となり「解散ドッキリ」を敢行。シュウペイがトリンドル玲奈と付き合っている設定で「結婚して芸人をやめる」と持ちかけ、松陰寺がどんなリアクションをとるのか検証するというものだ。

 食事中にシュウペイからトリンドルを紹介された松陰寺は驚きながらも、「スゲ~なシュウペイ!」「良いカップルだと思う」と歓迎ムード。しかし、シュウペイがトリンドルと結婚したいが事務所に反対されたので芸人をやめると告げると、表情が一変。「コンビも解散しよう」と言うシュウペイに「それはないだろう!」と語気を強め、「解散なんてものはないだろう。それは俺は断固拒否だな」「解散できると思うなよ!」と一蹴した。

 その後もシュウペイとトリンドルがあの手この手で解散を納得させようとするも、拒絶し続ける松陰寺。しまいにはトリンドルに対して「俺のほうがシュウペイと付き合い長いからね!」「俺のほうが先に(シュウペイの人生を)背負ってるから」とマウントを取る始末。

 そして松陰寺は「どっちかが死ぬまでぺこぱですよ! それで世に出てきたんだから、そんな簡単に降りれる船じゃない」と、何があってもシュウペイとの活動を続けると宣言し、最後まで解散には応じなかった。

 これにネット上でも「松陰寺さんの言葉が重い」「松陰寺さんかっこよすぎる!」「ドッキリだとわかっていても泣いてしまった」と大反響が巻き起こった。

「芸人仲間の間でもぺこぱのコンビ仲の良さは有名。だから解散ドッキリなんて最初から成立しないんじゃないかと思ったけど、シュウペイが意外に演技がうまくて驚きましたね(笑)。見た目がしゅっとしているのはシュウペイだけど、後輩や同期からとにかく男気があって優しいと評判なのは実は松陰寺のほうなんです。松陰寺は苦労人なので、今売れてない芸人や下積み中の後輩にも気遣いができて、人として尊敬するという声はよく聞こえてくる。今回は松陰寺のそういう人間力というか、心根の男前っぷりが全面に出ていましたよね」(劇場関係者)

 改めて一蓮托生ぶりを示したぺこぱ。今週放送の『M-1グランプリ2020』では敗者復活に望みをかけているが、果たしてコンビ愛を力に変えてチャンスを掴み取ることはできるだろうか。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/12/18 11:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed