日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 嵐・二宮『VS嵐』の苦労を吐露

嵐・二宮和也、『VS嵐』収録の辛さを吐露「なるべく若手俳優に来てもらいたくない」

文=日刊サイゾー

『情報プレゼンター とくダネ!』フジテレビ公式サイトより

 12月22日放送の『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)でメインキャスターの小倉智昭が嵐にインタビューする映像が放送された。

 21日から行われているSP企画「オグさん VS 嵐」という小倉による嵐へのインタビュー企画。2日目となったこの日は、まもなく最終回を迎える嵐の冠番組『VS嵐』(同)の裏側を振り返った。

 実は『VS嵐』に出演し、嵐チームとしてメンバーと対戦したこともある小倉。そんな小倉だが、この日は嵐に「ドラマトームとか色々なチームが来るけど、本当に拮抗したいいゲームになるのは、別に出来レースじゃないのにあの感じになるのは不思議だと思わない?」と質問する場面があった。

 これに対し相葉雅紀は「ハンデがいい感じにあるんですよ」といい、二宮和也も「ゲームごとの得意・不得意をスタッフが分かってるんで、点差が離れすぎると、急に不得意な人たちが投入される」と告白していた。

 また、小倉は「はっきり言ってみなさんもある程度、歳を重ねてきて、キツくない?」とばっさりと切り込む場面も。これに二宮は「キツいゲームとそうじゃないゲームが出てきたし……」と言いつつ、「なるべく若手俳優に来てもらいたくないなっていうのはあります」とポツリ。「疲れるゲームばっかになるから」と嘆き、大野智は壁をよじ登るゲーム「クリフクライム」について、「できなくはないんだけど、やっぱね、気づいたら結構一生懸命やってて、傷、結構小まめに擦れてたりしてて。治りが遅い!」と嘆いていた。

 この日の放送に視聴者からは、「体力が落ちるの分かるくらい長く続いた番組ってことだもんね」「あらためて長く続けてきてくれてありがとう」「『VS嵐』ってほんとにいい番組だよねって感じたなぁ」という声が集まっていた。

「『VS嵐』は2008年からスタートし、2009年にはゴールデン帯に進出。以降、国民的人気を誇ってきた番組でした。とはいえ、メンバー全員がすでに30代以上。大野に至っては40歳の誕生日も迎えているため、年々体力の低下に心配の声が集まっていましたが、今回小倉による切り込んだ質問でメンバーの本音も見えたと喜ぶファンの声も多く見受けられました」(芸能ライター)

 最終回直前になって明かされた裏話。ファンも大喜びだった

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/23 07:00

嵐・二宮和也、『VS嵐』収録の辛さを吐露「なるべく若手俳優に来てもらいたくない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

『ブレイブ-群青戦記』宮下かな子インタビュー

 新田真剣佑が主演をつとめる映画『群青戦記 グンジョーセンキ』が、3月12日から全国...
写真