日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > サンジャポが太田光新潮社裁判でボケまくり!

サンジャポが太田光新潮社裁判でボケまくり! 真面目な裁判でボケるのはありか?

文=和田靜香(わだ・しずか)

 2020年最後の「サンデー・ジャポン」では、太田光が新潮社を相手取り、損害賠償と謝罪広告を求めて訴えた「裏口入学裁判」について特集した。

 特集は真面目に始まったものの、太田光が裁判に出席して傍聴席に向かって「プシュー」とポーズを決めたことをサンジャポジャーナリストが伝え、証言台で「伊勢谷友介です」といきなりボケる姿を太田のモノマネ芸人・高垣日出夫さんで再現。似てる……。

 さらに、21日の裁判勝訴後に行われた記者会見冒頭で「多目的トイレを利用してしまったことに関して」とか「M-1で事務所のウエストランドが何ら痕跡も残せなかったこと」を「お詫びします」とボケたことを、ウエストランドに「なんか唐突になんだよと思っちゃいましたし、みんなもそう思ったでしょうけど、それが芸人魂だと感じましたけど」などと語らせたり…。

 終始ボケまくる番組。それがサンジャポ。

 これに若槻千夏は、
「(一連の会見などを)見ました。ボケるの早いな、と思いました。すぐボケましたよね」と突っ込む。

 そしてネプチューン堀内健が、「太田さんはマスクが似合ってる」などとボケてから、
「こういう事件は最初もりあがるけど、裁判やった後はしりつぼみじゃないですか。それをあえて面白おかしくへんてこりんな会見をしてテレビでとりあげるようにして、結果をちゃんと世の中に分からす!という作戦はさすがだなと思いました」

 と、へんてこ会見の意味合いを解くホリケン。ホリケンが大人だ…。

 そしてデーヴ・スペクターがちょっと別の面から突っ込んだ質問をする。

「(記事が出た当時)日大がもすこし強く否定してほしいという気持ちなかったですか?」

 すると太田が、
「あの記事によると、裏口入学ネットワークというのが日大だけに限らず、当時はぜんぶの私大にあったというから、そのへんは大ごとになっちゃうというのはあるんですけどね」

 と、返答。ええっ? 新潮社も番組も、太田光のことより、そこ、切りこんでってよ?

 しかし、まぁ、そういう重大なことはスルーになる。それがサンジャポ。

 そして杉村太蔵が「身内としてこれだけはお願いしたい」といきなり切り出すと、太田が「あなたと身内のつもりはないです」とボケで返してから、杉村が言うのは、

「会見でボケていただくのはけっこうですけど、おねがいですから法廷でだけは止めていただきたい。(この裁判は)高裁、最高裁に行きますからね」

 という懇願。すると太田は、

「それもよく言われますけど、我々にとっては真剣であるということと、ボケるということは矛盾しないんですよ。

 それで心象悪くなるとかは裁判のノウハウじゃないですか。オレにとってはそれより、オレが何を思ってることを言うことの方が重要だから。弁護士に言われても、オレがそのときに思ってることを言わなかったら、いられないんだよね。

 このまえ、(元総理の)安倍さんが、弁護士に秘書との接見を禁じられてるから会わないと言ったけど、俺がもしあの立場だったら、会わずにおられない。弁護士に勝ち負けのためを言われるより、重要なキモだから。無理なんだよね、オレを止めるのは」

 と、この日いちばん真剣に答えた。ノウハウで生きる太蔵と芸人魂で生きる太田の違いか? ちなみに安倍元総理は何で生きているのだろうかわからないのだが。

和田靜香(わだ・しずか)

和田靜香(わだ・しずか)

1965年生まれ。静岡県出身。主に音楽と相撲のライターで貧困問題やフェミニズムにも関心が高い。著書に『スー女のみかた~相撲ってなんて面白い』(シンコーミュージック)、『音楽に恋をして♪評伝・湯川れい子』(朝日新聞出版)、『おでんの汁にウツを沈めて~44歳恐る恐るコンビニ店員デビュー』(幻冬舎文庫)などがある。

最終更新:2020/12/27 21:00

サンジャポが太田光新潮社裁判でボケまくり! 真面目な裁判でボケるのはありか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真