日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > オリラジに続いて吉本退社するのは誰?

オリラジに続いて吉本から退社するのは誰か? キンコン、淳は可能性大、意外な退社有力芸人も

文=日刊サイゾー

オリラジに続いて吉本から退社するのは誰か? キンコン、淳は可能性大、意外な退社有力芸人もの画像1
オリエンタルラジオ(吉本興業公式サイトより)

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオが、2020年12月31日をもって吉本興業を退社することとなった。来年からはフリーとなり、コンビでの活動は継続する。

 徐々にテレビでの仕事を減らし、現在はYouTubeやオンラインサロンを中心に活動している中田敦彦は、以前より吉本と契約内容に関する交渉を進めていたのとのこと。双方の折り合いがつかなかったため、退社することとなった。一方の藤森慎吾は、特に吉本と交渉をしてきたというわけではないが、コンビでの活動を優先する形で退社となった。

「中田は、すでに自身で仕切る仕事がほとんどだったので、退社してもそんなに活動は変わらないでしょう。藤森については、当然ながら吉本のマネージメント下で仕事をしていたので、活動も大きく変化すると思います。ただ、いまあるレギュラー番組などについては、“吉本が取ってきた仕事”という形になり、今後も支払われるギャラのうち何割かが吉本に入っていくこととなるはず。吉本的には、マネージメントをしないでも、ある程度の収入が得られる形になるので、そんなに悪い話でもないといえます」(芸能事務所関係者)

 2019年の“闇営業騒動”を機に社内改革が行われた吉本興業。従来のマネージメント契約とは別に、吉本興業が依頼窓口業務のみを担う“エージェント契約”が導入された。

「藤森も“一部エージェント契約”のような形になるでしょうね。もしも藤森が、退社後も吉本と友交的な関係を継続し、さらにテレビなどでのメディアで変わらず活躍できるようならば、今後ほかの人気芸人が吉本を退社するということもありうるかもしれません」(同)

 では、退社する可能性が高い芸人とは誰なのだろうか。

「キングコングの2人は、テレビや舞台以外での収入がほとんどで、吉本がなくても問題なく仕事できる状況なので、退社という選択は十分にありえます。また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳も、自分で会社を作って相方の田村亮のマネージメントをしているし、起業もしているので、吉本からの離脱の可能性はあると思います。

 一方で、ダウンタウン、ナインティナイン、千鳥、かまいたちなど、テレビでの活動がメインとなっている芸人は、そう簡単に退社できないでしょう。退社後に、吉野との圧力で干されるということはなくても、単純に仕事がしにくくなるし、自分たちでメディアの仕事をとってくるノウハウもないですから」(同)

 意外な芸人が退社しそうだという声もある。テレビ局関係者はこう話す。

「最近あまりテレビに出ていないのですが、山口智充さんなんかは、いつ吉本を辞めてもおかしくないなんて、ずっと言われてきました。本人のこだわりがものすごく強くて、やりたくない仕事を断ることも多かったんです。そもそも芸能の仕事に対する執着もあまりないようで、サラッと退社してしまうかもしれません」

 事務所からの退社が相次ぐ昨今の芸能界。吉本興業にもその波が押し寄せるのは必至か。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/01 09:00

オリラジに続いて吉本から退社するのは誰か? キンコン、淳は可能性大、意外な退社有力芸人ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真