日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 業界が頭を悩ます10代販売戦略

音楽の認知もインフルエンサー強し──「TikTokでバズれ」は老害!? 業界が頭を悩ます10代販売戦略

文=讀賣蘭堂

旧態依然の戦略……利益至上主義の障壁

A 私は「若人の気持ちも理解できるおばさん」でありたいと思うんだけど、どうしても知識と経験というプライドが邪魔をして、部下の意見に素直に耳を傾けられないことがあるんだけど、みなさんどうです?

D インスタで情報を発信するときに、改行なしで死ぬほどハッシュタグを作っていた上司がいたので、「それは逆効果かと……」と声をかけたら、「引っかかる率がアップするだろうが!」とか怒鳴られたことはあります。

C 私の場合、ツイッターの“中の人”を担当している、別部署の40代の上司がいるんですが、サブスクで新曲が配信されたと同時に「好評配信中!」ってツイートしていたんですね。そのとき「今、配信されたばかりなので、好評と書くのは早いんじゃ……?」って伝えたら、ムッとされました。私も30代なので定例句を使ってしまいがちですが、できるだけ若者目線の言葉を選んだり、びっくりマークの連発や「Don’t Miss it!!」とか、文字から時代感がにじみ出るような言葉は避けるようにしています。10代の子たちは、SNSにおける“押しつけがましい文言”には、すごく敏感だと思うので。

B けど、コアなファンもついているアーティストの情報だと、その若者目線の軽い言葉が仇になったりするんですよね。しかも、「公式なのにスペル間違えんなよ」とか、ぶっきらぼうなリプライがきたりするので、推敲に推敲を重ねて投稿するようにしてます。

C 私個人としては、SNSは“アーティスト認知の強化”であって、利益に直結するツールだとは考えていないんです。でも、会社は「そんなプロモーションに何か意味があるのか」や「わかりやすい数字を出せ」とか、SNSのプロモーションには非協力的だったりする。SNSにおける音楽のプロモーションはタピオカと一緒で、「なんか流行ってるよね」「あちこちで耳にするよね」とか、騒げば騒ぐほど話題になる、気になっていくものだと思うんです。

D 情報量が多い10代を動かす、気にかけてもらえる何かを作ってもらう作業は簡単と思っている上の世代が多いんですけど、すごくアイデアと根気のいる作業なんですよね。

A 弊社のSNS担当に「そんな少ないフォロワー数に向けて、何を一生懸命仕事、発信してるの?」とか「そんな短い文章を1日考えてるだけで給料もらえてうらやましいわね」って思ったりしていただけに……ちょっと耳が痛いです。

C まずは興味を持ってもらえる施策を練らないと、何を発信しても関心を抱いてもらえない。「BTSがアメリカのビルボード・チャートで首位を獲得しました」というニュースは、テレビやネットニュースの見出しでなんとなく把握していると思うんですが、そこから一歩足を踏み入れてもらうために何をするか? が大事。それを押しつけがましくなく、わかりやすく伝えるのがSNSの役目だと思っています。

B ちなみに「アーティストに興味を持つ」「サブスクやYouTubeの再生回数を伸ばす」をクリアできたら、最終的に「CDを買ってもらう」という目標は持っていますか? 今、うちの会社は「CDを作る手間やコストを考えたら、新しい曲の制作費に充てる」といった考え方にシフトしてきていて、CDの存在が一時のMDみたいな感じになってます。

D その目標は、まだありますね。ただ、アーティストの特性によりけりで、「これはCDのプロモーションよりも配信に予算を割くべき」といった臨機応変型にはなってきているかと思います。ただ、サブスクの定着やTikTokの台頭など……新しい何かに注力しようとすると、また新しい何かが登場するご時世なので、どこにどんなチャンスが隠れているか、日々手探り状態です。

B 最近だとオンラインゲーム『フォートナイト』でのトラヴィス・スコットのバーチャル・コンサートは衝撃でしたよね。登録ユーザー数は3億人以上で、もともとトラヴィスを知っているユーザーは「トラヴィスすげー!」だし、初めてトラヴィスの存在を知ったユーザーは「何このラッパー、かっこいい!」状態。こういった施策は本当に画期的だし、面白いなと思いました。

C こういった目先の利益に縛られないクリエイティブな施策は、絶対的に若者に刺さりますよね。

A 実際にSNSで熱心にコメントをくれる子のアカウントをチェックしたりすると、プロフィール部分には「○○中学校3年です」や「○○高校サッカー部所属」とか書いてある。こういった若い世代を突き動かして、長いことファンでいてもらえる施策を、これからも考えていかないとね。

(文・構成/讀賣蘭堂)
※「月刊サイゾー」11月号より一部転載。「サイゾーpremium」で全文お読みいただけます。

最終更新:2021/01/02 13:00
123

音楽の認知もインフルエンサー強し──「TikTokでバズれ」は老害!? 業界が頭を悩ます10代販売戦略のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

動物の交尾やマリファナをモチーフのスノードーム

 こぶし程度の小さなガラスのドームの中に、雪を舞わせて幻想的な世界を作り出す――。年...
写真