日刊サイゾー トップ > カルチャー  > ドラクエ3を22分で攻略!? RTA Japanハイライト

FF15を31分、ドラクエ3はホットプレート活用で22分でエンディング!驚愕の連続だったRTA in Japan 2020ハイライト

FF15も約31分でクリア!

 今回の挑戦は世界新記録となったこともあり、ツイッタートレンドに「ホットプレート」がランクインする事態に。しかも、RTA終了後、配信者がそのホットプレートで焼き肉をしたことでも話題になった。

 ファミコン全盛期には「裏技」と呼ばれるものが流行ったが、ここまで来ると敬意を表したくなるほとだ。なお、このRTAの模様はこちらから見ることができるので、世界記録が生まれる瞬間を見てほしい。

 ドラクエ3の興奮冷めやらぬ中、翌28日にはFF15(PS4版)のスーパーRTAが披露された。「4年ほどFF15のバグを探している」というインパクトのあるワードから配信がスタート。そして、ゲームを始める前にBGM音量を0にするなど、開始早々からゲーム配信らしからぬ空気に包まれる。

 FF15ではメニューを開いている間はゲーム内の時間が止まる仕様だが、「アクティブメニュー」と配信者が呼ぶバグを利用することで、ゲーム内を自由に移動できることができるようになる。このバグを契機に、「壁抜け」や自由にレガリア(ゲーム内の移動用ツール)に乗るなどの数々のバグを組み合わせてプレイを進める。

 その結果、ルナフレーナ、国王、イフリートの誰も死なないトゥルーエンディングを31分15秒で達成し、予定タイムの45分を大きく上回る記録となった。FF15へのあまりの研究熱心さに、視聴者からは「プロのデバッガー」「FF15学会発表」などのコメントが飛び交う事態になり、大いに盛り上がった。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed