日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 2020年、HIKAKINを押さえて1位に輝いた実況者は?

2020年は約3割のゲーマーが視聴したゲーム実況、2位のHIKAKINを押さえて1位に輝いたゲーム実況者は?

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

 インターネットの高速化や新型コロナウイルスの影響で、ゲームの楽しみ方の1つとして、プレイ以外に「視聴」がより一般的になった2020年。YouTubeやTwitchなどでもゲーム実況が1つのジャンルとして定着し、人気配信者も生まれている。

 また、タレントや芸能人がYouTuberとして活躍の場を広げた今年だったが、こうした人たちがゲーム実況者としての活動を確立した1年でもあった。このような中、ゲームエイジ総研が10~50代のゲームプレイヤーを対象にゲーム実況動画の調査結果を発表した。

 調査結果によると、「2020年にゲーム実況を地上波や動画配信サイトで観たか?」については、約3割のゲーマーが視聴したと回答。前出のYouTubeなどのインターネット動画サイトに加え、eスポーツなどの認知拡大に合わせて、地上波でのゲームコンテンツの露出が増えたこともあって、ライト層へのリーチが拡大した結果となっている。

123

2020年は約3割のゲーマーが視聴したゲーム実況、2位のHIKAKINを押さえて1位に輝いたゲーム実況者は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真