日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 北海道・東北・北陸の政経雑誌

表紙はまるで雪国の「噂の真相」……!? 地元政治家と企業を狙い撃ち! 北海道・東北・北陸の政経雑誌

文=日刊サイゾー

明治維新の抑圧が生んだ雪国の権力への抵抗精神

 このように北陸や東北、北海道には、他県では見られないエキサイティングな雑誌がいくつもあるが、なぜこのような地域ジャーナリズムが盛んなのか……?この現象について、前出の地元紙記者は次のように語る。

「風土的に地方は都会よりも職業、地域、学校など各種コミュニティの関係が強固なため、何かしらの不正を目撃したり、不当な扱いを受けても、内部告発したりするのが難しい環境です。そのため、こうした雑誌は地方特有のしがらみを突破し、最後に告発者が駆け込む存在だともいえるでしょう。ほかに代替できない媒体でもあり、そういったことが昨今の雑誌不況の中でも、一定以上の購読者を獲得し続けている理由だとも思います」

 また、板倉氏は郷土史的な流れなのかと推測する。

「福島県に関していえば、明治維新で政府から派遣された知事に抑圧されたことで、自由民権運動の発端となってきたという歴史も関係しているのだと思います。県民性は穏やかですが、抑圧と抵抗の歴史的な流れが、こうした媒体を成り立たせる素地になったのでしょう」

 他方で、畠山氏もこうした地方誌の存在意義についてユニークな提言をする。

「みんなが関心を持たず、やりたい放題になっているところにちゃんと釘を刺す、という役割をこれらの雑誌は持っていることから、今後もなくならないでほしいです。何よりその地域でしか販売されていないものですから、お土産や観光ガイドとしても活用するのはどうでしょうか(笑)」

 冒頭でも触れたように、これらローカル政経雑誌は、全国紙が後追いするようなスクープを出すこともある。「週刊文春」(文藝春秋)の「文春砲」が広範囲に影響を与える大砲ならば、これらの雑誌は大砲がカバーしきれない部分をピンポイントで狙う、「狙撃手」のような役割を担っているのだ。

(文/ゼロ次郎)
※「月刊サイゾー」9月号より一部転載。全文は「サイゾーpremium」でお読みいただけます。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/11 09:00
12

表紙はまるで雪国の「噂の真相」……!? 地元政治家と企業を狙い撃ち! 北海道・東北・北陸の政経雑誌のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

上野「CASTLE RECORDS」の大きすぎる功績

 2009年に東京・上野のアメ横センタービルにオープンした、国内のヒップホップの作品...
写真