日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > スマートニュースの「現地調査」

米国で月間1000万人が使っているスマートニュースの「恐るべき現地調査」

文=後藤直義

フェイスブックの「逆を行く」アメリカ版新機能

 典型的な米国人は、米国には存在しない──。繰り返しの現地調査でそう悟ったスマートニュースは、多様な米国社会により刺さるような、新機能を次々と生み出してゆく。

 たとえば、一人ひとりの興味に合わせながらも、新しい発見につながるニュースを挟み込む「For You」という新機能(2017年9月)は、大きなヒットになった。また、リベラル(左寄り)から保守(右寄り)まで、アプリ画面下のスイッチをいじるだけで、異なる政治的立場のニュースを読める「ニュース・フロム・オール・サイド」(19年10月)も同様だ。大手ニュースメディアに比べて、根強いユーザーを持つ米国の中小零細のローカルメディアの魅力にも気づいて、次々とパートナーシップを強化していった。

 その結果、フェイスブックやツイッターのように「あなたの好きなコンテンツだけ見せる」だけではなく、「あなたがストレスを感じるようなコンテンツも、同時に見せる」という、流行とは逆張りのアプリに成長していった。実際にシリコンバレーに住んでいる私も、このスマートニュースを最近愛用している。自分が興味を持っているテクノロジー関連の情報だけではなく、地元のレストランであったり、地域のニュースなど、多種多様なコンテンツに出会えると実感しているからだ。もともと研究者であった鈴木氏は、米国社会に対する思いをこう語っている。

「民主主義のために、ニュースアプリに何ができるかを、いつも考えている」

 ちょっと聞くだけだと、単なる理想家の言葉に聞こえるかもしれない。しかし、スマートニュースのCEOは、驚くような行動力で、米国の奥地を旅し続けている。そこには、ちょっとした迫力があるのだ。もし日本版スマートニュースしか使ったことがない読者は、チャンスがあれば、このディープな調査旅行によって「変貌」した、米国版アプリも使ってみるといい。そこでは鈴木氏が旅で目にしたような、複雑さを反映したニュースたちが、タイムラインに流れ込んでくるはずだ。

後藤直義(ごとう・なおよし)
1981年生まれ。青山学院大学文学部卒。毎日新聞社、週刊ダイヤモンドを経て、2016年4月にソーシャル経済メディア『NewsPicks』に移籍し、企業報道チームを立ち上げる。グローバルにテクノロジー企業を取材し、著書に『アップル帝国の正体』(文藝春秋)など。

最終更新:2021/01/26 09:00
12

米国で月間1000万人が使っているスマートニュースの「恐るべき現地調査」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター...
写真