日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 自虐連発の四千頭身の戦略 

四千頭身、自虐連発の巧妙な戦略 「負け役」に回ることで第7世代の没落を回避か

文=日刊サイゾー

四千頭身、自虐連発の巧妙な戦略 「負け役」に回ることで第7世代の没落を回避かの画像1
インスタグラム:四千頭身 後藤拓実(@ganjukeより)

 昨今のお笑い界を席巻する、霜降り明星、EXIT、3時のヒロインらの「第7世代」。しかし、その状況は刻々と変化している。

「第7世代の勢いは落ち着いて、その少し上の“6.5世代”への信頼度が増しているというのが、業界内の認識ですね。その結果、チョコレートプラネットやかまいたちをメインとする番組が増加しています」(テレビ局関係者)

 そんな状況を自虐的にネタにしているのが四千頭身だ。第7世代の中でも特に若く、アイドル的人気を誇っているはずの四千頭身だが、ここにきてネガティブ発言を連発しているのだ。

 2月4日放送の『アメトーーク』(テレビ朝日系)では、「今年が大事芸人2021」というテーマで、ニューヨーク、ぺこぱ、四千頭身らが登場。そこで、四千頭身は「もう第7世代という言葉は聞かない」「第7世代が消えれば、自分たちも消える」「お笑いファンは四千頭身を好きではない」「賞レースでの結果を出していない」などと、決して明るくない自分たちの現状を自虐的に分析したのだ。

「第7世代は芸歴が浅いメンバーもいますし実力で言えば、やはり上の世代よりも劣ってしまう。しかし、フレッシュさや新しい感覚を持っていて、だからこそ注目を浴びたわけです。ただ、そういった姿に世間も慣れてきて、第7世代が飽きられ始めているのも事実。経験値が少ない中で“第7世代”として持ち上げられていた四千頭身にしてみれば、不安だらけなのでしょう」(同)

 しかし、そうやってネガティブな発言をすることが、人気の継続につながるのではないかという声もある。構成作家はこう話す。

「若手のうちに売れた芸人は、天狗になって飽きられて落ち目になっていくというのが最悪のパターン。そういう芸人は今までにいくらでもいました。

 でも、四千頭身はネガティブ発言ができるという時点で、少なくとも天狗にはなっていない。しかも、早い段階で“自分たちな旬ではない”と発信することで、“負け役”に回ることもできます。勝ち続けて天下を取るのは、同世代の1組だけで、そこを狙っていたら、負けて脱落するしかない。でも、“負け役”ができるようになれば、負け続けても生き残ることができる。四千頭身のネガティブ発言は、実はかなり巧妙な戦略にも見えます。ここで消えるどころか、今後もずっと絶妙なポジションを確保し続けるのではないでしょうか」

 ネガティブになるほど、生きる道が見えてくる四千頭身。ただの若手芸人ではなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/14 11:00

四千頭身、自虐連発の巧妙な戦略 「負け役」に回ることで第7世代の没落を回避かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真