日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 嵐・大野智と四千頭身・後藤を丸裸
整体師が注目人物の骨格と筋肉を丸裸にする短期連載【4】

嵐・大野智、休業ショックを乗り越える! 四千頭身・後藤との類似性は“阿修羅のような尊顔”に宿る

文=整針子(ととのえ・はりこ)

嵐・大野智

 いよいよ今年も残りわずか。2019年のワイドショーやウェブニュースを振り返り、特に世間を賑わせた男性有名人の”体”に着目してみようという本連載。その「身体」から魅力を再発掘すべく、都内で整体院を営み、自身を「無類のカラダオタク」と言って憚らない美人整体師・整針子先生が、殿方たちの骨格と筋肉を丸裸にします。

◇ ◇ ◇

 短期集中連載ということで、今回でこの連載も最終回。2019年に活躍した方々の身体を見てきましたが、個人的に今年最も衝撃的だったのはやっぱり嵐の活動休止です。

 というのも、昔から個人的に「大野智さんの身体は素晴らしいな!」と思っていたから。彼、先日行われた20周年ライブのラストでは涙を流していたそうですけど、あんな逸材をもう見れなくなるこっちが泣きたいです。

 彼はなんといっても身体がシンメトリーで、膝関節や手首の造形が美しいんです。そしてあの、阿修羅像のような崇高な顔立ち、謎めいた表情。少し輪郭が丸い奈良の保福寺の阿修羅像にとてもよく似ています。実際、阿修羅像は仏像界のアイドルと言われてますし、保福寺の阿修羅像が東京にやってきたときはすごい行列でしたからね。スーパースターの顔相なんだと思います。

 そんな大野智さんが芸能界をお休みされるということで、非常に寂しく感じています。もうあの有難く神々しいご尊顔が拝めなくなるのかと思うと、奈良・保福寺近くに住まうしかないのか……なんて、ちょっぴり絶望してたんですが、ある日ふとテレビを眺めていたら見つけたんです。大野智なき芸能界に、新たな阿修羅像枠スターとして輝きそうな逸材が。

 それが芸人・四千頭身の後藤拓実さんです。お笑い第七世代として、頭角を現す彼ですが、坊主頭だし、見るからに有難い顔立ちをしているんです。まず、大野智さんとの共通点といえばまず憐れみを感じさせるタレ目な目元。2人共、真顔だとどことなく悲しげじゃないですか。この表情を見ていると「あゝあはれだな~」としみじみ思います。この悲しげな表情がとてもキュート。「かわいい」という言葉は元々は「気の毒」「不憫」という意味で、そこから「かわいそう」という言葉が生まれたんだという事実を思い起こさせる、そんな「かわいそうかわいい」な表情が二人の共通点です。あと、この「憐れみを感じさせるタレ目」でいうと大坂なおみさんも似ていますね。やはり、愛される人には共通点があるのです。

12
関連キーワード

嵐・大野智、休業ショックを乗り越える! 四千頭身・後藤との類似性は“阿修羅のような尊顔”に宿るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真