日刊サイゾー トップ > 社会  > コナミ、桃鉄250万本大ヒットの舞台裏

桃鉄大ヒットの舞台裏! 250万本のゲームを生んだコナミの“英断”とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年11月の販売後に瞬く間に大人気となった「桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~」だが、なんと現在までにダウンロードを含めて250万本を突破する大ヒット作品となっている。元々知名度もある人気シリーズであり、コロナ渦でおうち時間を過ごす人が増えたことや、人生ゲーム的要素を持つ作品の需要が少しずつ増えていた可能性を加味してもこの本数は驚愕の数字だ。
その大ヒットの要因だが、もしかしたら「コナミが初めて実況動画を公式に許可したことが大きいのでは?」という予測も出てきている。今回の同作のヒットの要因と、注目が集まるゲーム実況について追いたいと思う。

鬼滅の刃と桃鉄は似ている!?

 人気シリーズの最新作とはいえ、ここまでのヒットを予想していた人はあまりいないのではないだろうか。その理由を解明しようとする人たちからは「コロナ禍での巣ごもり需要が増えた」「元ゲーマー世代のノスタルジーを刺激した」「家庭を持ったゲーマーが子どもに買い与えた」「親戚が集まる正月のパーティーゲームとして購入した」といった可能性が指摘されている。また、子どものころ友達の家でプレイしたというような特段…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/02/16 11:30

桃鉄大ヒットの舞台裏! 250万本のゲームを生んだコナミの“英断”とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

ラバーガールに疑問を直撃!

生みの苦しみ、腰の重さ、それでも単独をやる理由 ――8月26日から28日にかけて、2...
写真