日刊サイゾー トップ > 社会  > アフターピルが買えない日本

性に奔放なのにアフターピルが買えない日本…薬局や空港でも買える海外ピル市販の実態とは

文=河 鐘基(は・じょんぎ)

──世界では、ドラッグストアだけでなく商店などでもピルが買える国もある。「ピル後進国」である日本がまず、見習うべき国はどこだろうか?(「月刊サイゾー」12月号より転載)

性に奔放なのにアフターピルが買えない日本…薬局や空港でも買える海外ピル市販の実態とはの画像1
画像はイメージ

 日本は「ピル後進国」と言われるが、統計的にピル使用率は3%ほどとされている。低用量ピルの普及率に関しては4%ほどだ。アフターピルの認可も2011年と先進国でもっとも遅く、ほとんど普及していない。一方、「フランス、ドイツ、イギリスなどヨーロッパでは約30~40%、米国でも約15%の女性たちがピルを服用している」(学会関係者)との話もある。

 アフターピルが普及している国は多いが、アジアの中で日本がキャッチアップすべき国としては、タイが挙げられるかもしれない。タイではそれこそ「薬局はもちろん空港でも買える」(ナビタスクリニックの内科医・山本佳奈氏)そうで、もはや買っているところを誰かに見られたとしても気にするレベルにすらない。生活に自然と溶け込んでいる。他の東南アジアも同様で、薬局にバラエティーに富んだ商品ラインナップが取り揃えられている。

 とあるタイ人女性B氏に日本の実情を話したところ、「それは知らなかった」と驚きを隠せない様子だった。

「日本は性に対してはとても奔放なイメージ。アフターピルの話はとても不思議です」(B氏)

 世界各国の事情を調査している山本氏は「政府内で議論する人々は、海外の実情も知るべきだと思います。そもそも中絶手術自体を宗教的に禁止している国などはともかく、ドバイなどイスラム教で戒律が厳しそうな国でも普通に売っています」と状況を説明する。

 そう考えると、世界の多くの国、特に先進国ではアフターピル=女性の権利云々という議論すらないのが現状。当たり前に売っているものなのだ。日本と同じような状況にあるのは韓国だが、こちらはアフターピルの「利権問題」に対するメディアによる追及が始まっている。

 日本は宗教的に中絶を禁じているというような背景がある訳ではないのだが、世界で最もアフターピルへの強硬姿勢を貫く保守的な国という位置づけにある。政府が始めた議論は、その保守性の正体やタブーに迫るきっかけとなるのだろうか。

河 鐘基(は・じょんぎ)

河 鐘基(は・じょんぎ)

日本および中国・アジア間の留学支援&教育コンサルティング事業を展開するGaksai株式会社代表。リサーチャー&記者として、中国やアジア各国の大学教育・就職事情などをメディアで発信。中国有名大学と日本の大学間の新しい留学制度の設置などに業務として取り組む。

Twitter:@Roboteer_Tokyo

最終更新:2021/02/20 08:00

性に奔放なのにアフターピルが買えない日本…薬局や空港でも買える海外ピル市販の実態とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真