日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 男性アイドル編始動! あの本命ティーチャー参戦

『フリースタイルティーチャー』男性アイドル編始動! ようやく参戦の本命ティーチャー・晋平太&アイドルよりイケメンのSAM

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

末吉9太郎、前シーズンの恋汐りんごのような台風の目になるか?

 スチューデントが教わりたいティーチャーに告白する「マッチングタイム」で成立したのは以下の5組。

・末吉9太郎 & SAM
・横山統威 & TKda黒ぶち
・水野勝 & 晋平太
・岡野海斗 & KEN THE 390
・宮里ソル & 崇勲

 最注目はキャラクターの強い9太郎だろう。番組的には、前シーズンで台風の目になった恋汐りんごのようなダークホース枠として活躍してもらいたいのかもしれない。しかし、9太郎が口にする「怖いのはやだ」「優しくしてほしい」「怒らないで」というコメントが気になる。ああ見えて、恋汐のハートは激強だった。恋汐に比肩しない9太郎の豆腐メンタルでどこまで躍進できるのか……と思っていたら、気になる記事を発見した。「withnews」(2019年10月25日)でのインタビューで、9太郎はデビュー前のこんなエピソードを明かしているのだ。

「自分でライブハウスをブッキングして、月1回くらいでライブをさせてもらいました。でもファンはいないですから、お客さん0人の中で歌って、帰ってきて、自撮りをブログに上げるんです。『今日もライブありがとうございました!』って」
「あたかもファンの人たちが来ていたみたいなふりをして、ブログも毎日書いてたんですよ。『今日は○○でした-!』みたいな。でもコメントは0件なんですけど。それで、今の事務所に履歴書と一緒にブログのURLを送ったら、マネージャーの方が『めちゃめちゃファンがいる子なんだ』って勘違いして、事務所に呼んでくれたんですよ。まあ、してやったりですよね(笑)」

 毎月、0人のギャラリーの中でライブ!? 半端ないメンタルの強さである。彼には期待していいのかもしれない。

 あと、9太郎をスチューデントに選んだSAMの英断にも拍手を送りたい。何しろ、SAMは9太郎、岡野、宮里と3人から告白されたのだから。モテモテ! この状況で9太郎を選ぶ判断がイケメンだし、そもそもルックス自体がイケメンだ。現役アイドルが5人揃っているのに、ダンディーなSAMのほうがカッコ良く見えたのは私だけだろうか?

123

『フリースタイルティーチャー』男性アイドル編始動! ようやく参戦の本命ティーチャー・晋平太&アイドルよりイケメンのSAMのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真