日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 男性アイドル編始動! あの本命ティーチャー参戦

『フリースタイルティーチャー』男性アイドル編始動! ようやく参戦の本命ティーチャー・晋平太&アイドルよりイケメンのSAM

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

男性アイドルと女性アイドルでは肝の座り方が違う!?

 スチューデントの初期ステータスを測るに重要だったのは、ケンザからの「本域でカッコ良く『Check one two!』と言ってみて」というリクエストだ。結果、宮里と岡野の発声は頭一つ抜けてカッコ良かった。この2人には期待が持てる。ただ、素地がありそうな岡野がラップで想いを伝えたにもかかわらず、SAMの琴線には触れなかった模様。今シーズンの岡野のティーチャーは崇勲に決まった。崇勲は指導する上でのモットーを以下のように明かしている。

「フリースタイルが上手くなるコツはモチベーションだと思うんで。ラップを嫌いになったらやるのも辛くなっちゃうんで、好きでいられるいい距離感を保ちたい」(崇勲)

 いいこと言っている! さすが、第1回KING OF KINGS王者だ。「ラップを嫌いになったらやるのも辛くなっちゃう」ということは、DOTAMAと正反対の指導法ということになるか?

 正直、キャラクター的に惹かれるスチューデントは今のところ9太郎しかおらず、前シーズンほどの衝撃は期待するべくもない。優しい女性ファンが多い男性アイドルと、アンチに罵詈雑言を受けやすい女性アイドルでは肝の座り方も違うはずだ。こんな筆者の前予想を、男性アイドル5人には是非とも覆してほしい。

 余談だが、『フリースタイルティーチャー』と同時間帯に放送される『あちこちオードリー』(テレビ東京)のこの日のゲストはCreepy Nutsだった。やはり、『フリースタイルダンジョン』復活の目はないのだろうか?

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2021/02/23 17:00
123

『フリースタイルティーチャー』男性アイドル編始動! ようやく参戦の本命ティーチャー・晋平太&アイドルよりイケメンのSAMのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真