日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ボンビーガール』が大迷走

『ボンビーガール』が大迷走! ヤラセ疑惑と恋愛番組転向で聞こえる“打ち切り”の足音

文=木村之男

『ボンビーガール』が大迷走! ヤラセ疑惑と恋愛番組転向で聞こえる打ち切りの足音の画像1
日本テレビ『幸せ!ボンビーガール』公式サイトより

 大胆な路線変更に視聴者が戸惑っている。

「お金がなくても幸せに暮らそう」というキャッチフレーズのもと、慎ましく生活しながら夢に向かって奮闘する女性を紹介してきた『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、恋愛リアリティ企画がスタート。すっかり別の番組になってしまったのだ。

『ボンビーガール』は2011年に深夜帯でスタートし、2013年にゴールデンのレギュラー番組に昇格。上京して物件探しをする女性や、自分の店をオープンする女性に密着したり、有名人の貧乏エピソードを紹介したり、激安リフォームに挑戦したりと、色々なコーナーがあれど、一貫したキーワードは「お金」だったが、23日の放送でスタートしたのは、「6人の男女が1週間、SNSのトークルームでやりとりしたら恋が生まれるか?」という企画だった。

「バラエティ番組の内容が、当初の企画からどんどん離れていくことは珍しくありません。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)は、今や法律相談などしませんし、『世界の果てまでイッテQ!』(同)も、当初は出演者がクイズの答えを探してロケする番組でした。成功例の最たるものは『ASAYAN』(テレビ東京系)でしょう。当初はファッション情報番組でしたが(当時は『浅草橋ヤング洋品店』)、その後、お笑い番組へと変貌を遂げ、さらにオーディション番組に変身。モーニング娘。、鈴木亜美、CHEMISTRYなどが同番組出身です」(テレビ情報誌記者)

 視聴率が上がらない企画をいつまでもやっていれば、打ち切りは必至。常にテコ入れは必要だが、問題は『ボンビーガール』が、わざわざ恋愛リアリティを選んだことだ。

「『あいのり』(フジテレビ)や『テラスハウス』(同)など、恋愛リアリティショーは高視聴率が期待できる鉄板企画ですが、大問題となったのが『テラハ』に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが自殺した事件です。この件では、出演者が演出に従うよう誓約書を書かされていたことがわかっており、恋愛模様を“見世物”にする手法の是非が改めて問われました。ですから、『ボンビーガール』が今になって恋愛リアリティをやると聞いて、正直『よくやるな』と」(キー局関係者)

番組に登場した男女は10代~20代。当然、木村さんの事件は知っているはずで、それを承知で出演を決めたのだろうが、『ボンビーガール』周辺にはキナ臭い話しが渦巻いているのは事実だ。

12

『ボンビーガール』が大迷走! ヤラセ疑惑と恋愛番組転向で聞こえる“打ち切り”の足音のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真