日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > メジャーCEO「英語が酷い」で大炎上

メジャーCEO「英語が酷い」で大炎上! 気になる日本人メジャーリーガーたちの語学力

文=石井洋男(いしい・ひろお)

“英語ができなければ”という考えは古い

「英語が苦手な選手の筆頭は松坂大輔でしょう。三顧の礼で迎えられた松坂にはべったり通訳がついていたため、上達レベルは遅々としたもの。向こうで育った子どもは日常会話が英語で、“子どもが話していることがわからない”という悲劇もあったようです。田中将大も“さっぱり”で、渡米直後には『ヒデキ(松井秀喜)は英単語を100くらい知っていたが、マサヒロは20個』と酷評されたこともありました。田中や前田健太、上原浩治は、あまり英語を覚える気が無いタイプです。

 もっとも、新庄剛志は英語が全然できないのに、チームメイトの誰とも打ち解けないバリー・ボンズとなぜか仲良しでしたし、川崎宗則も中学1年生が使うような単語だけでチームメイトやファンのハートを掴みました」(同上)

 同じ野球をやる者同士、言葉など大して重要ではないということか。メジャー事情に詳しい週刊誌スポーツ記者はいう。

「近年のメジャーは中南米系の選手が一大勢力となっており、彼らの母語はスペイン語。“英語ができなければ”という考えは、はるか昔のものです。今回、CEOの舌禍事件が問題になったマリナーズは、イチローや佐々木主浩が在籍した2001年にはシーズン最多記録となる116勝を上げましたが、近年は長らく低迷が続いており、観客数も激減。そんなチームでなければ、あんな発言は出てこないでしょうね」

 日本人にも馴染み深いマリナーズだが、“膿”を出して生まれ変われるか。

石井洋男(いしい・ひろお)

石井洋男(いしい・ひろお)

1974年生まれ、東京都出身。10年近いサラリーマン生活を経て、ライターに転身。野球、サッカー、ラグビー、相撲、陸上、水泳、ボクシング、自転車ロードレース、競馬・競輪・ボートレースなど、幅広くスポーツを愛する。趣味は登山、将棋、麻雀。

最終更新:2021/02/27 08:00
12

メジャーCEO「英語が酷い」で大炎上! 気になる日本人メジャーリーガーたちの語学力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『神カル』新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「新型コロナウィルスを前代未聞の脅威たらしめている理由のひとつは、その『秘匿性』にあ...
写真