日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > PS5の品薄は解消傾向も…

PS5の品薄は解消傾向も… お次は独占タイトルの少なさをどう挽回できるのか?

文=日刊サイゾー

PS5の品薄は解消傾向も… お次は独占タイトルの少なさをどう挽回できるのか?の画像1
PlayStation5 SONY 公式サイトより

 2020年11月に発売が開始されたPS5。新型コロナウイルスの影響で、新世代ハードの発売にしては珍しく発売イベントはなし、販売もオンラインあるいは抽選予約のみという、これまでではあり得なかったものに。

 その後も基本的に同じ販売方法が続いており、抽選予約合戦が続いている。特に年末商戦といわれる時期は抽選予約合戦が加熱。各社のECサイトでは過去に購入実績がある、同社のクレジットカードが必須など、いろいろ工夫を凝らしていた。

 3月現在、この方法は若干緩和されてきており、特に条件なしで抽選に申し込むことができるECサイトが増えてきた。また、一部のECサイトではキャンセル分の繰り上げ当選なども行っている。

 常時在庫とまではいかないものの、秋葉原の一部店舗では店頭にデジタルエディションが数台並んでいたという報告もツイッター上で見受けられるぐらいだ。

 ゲームファンに話を聞いてみたところ、「抽選予約で手に入りにくい感に煽られて何度も申し込んでみたものの、まったく当選しないので今はもういいやって感じです」と熱が冷めてしまった意見も。

「そもそも、今PS5でやってみたいゲームが今ないんですよね」と続ける。

 確かに、ハードが大きく動くときは、そのハードでしかプレイできないゲームが存在するからだ。それを最も体現しているのが、現在国内で独走状態にあるSwitchだろう。

 あつ森、リングフィットアドベンチャー、桃鉄など2020年のヒットゲームはすべてSwitchの独占タイトル。今年に入ってからも、スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールドがヒットしており、3月26日には待望のモンハン新作モンスターハンターライズが登場する。

 一方、PS5のタイトルラインナップはどうだろうか。4~6月の主なラインナップは以下のとおりだ。
4/1:アウトライダーズ
4/22:ニーアレプリカント
4/29:R-TYPE FINAL2
4/30:Returnal
5/8:バイオハザード ヴィレッジ
5/21:DEATHLOOP
5/25:バイオミュータント
6/10:ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード
6/11:ギルティギアストライブ
6/11:ラチェット&クランク パラレル・トラブル
6/22:Back 4 Blood
6/24:カリギュラ2

 このうち、太字になっているものがPS5独占で、いわゆるPS5でないと遊べないタイトル。それ以外のタイトルは、PS4版リリースされる。この中にギルティギアストライブは、さきごろオープンβテストが行われたが、参加したユーザーによると、「PS4でもじゅうぶん快適にプレイできた」という感想も。

 PS5独占タイトル数をどう見るかは意見が分かれるところだが、全4本のうち、リメイクにあたるものが1つ(FF7)含まれている。

 ほかの3タイトルは完全新作だが、DEATHLOOPはPC版も配信される。近年のeスポーツブームやテレワーク需要でPCを新調する人が増え、いわゆるゲーミングPCを導入するユーザーも増加しており、PC版があるならそれで遊ぶ層もいるだろう。

 まとめると、向こう3ヵ月間でPS5を持ってないとプレイできない完全新作ゲームは、Returnalとラチェット&クランク パラレル・トラブルの2タイトルということになる。この2タイトルはどちらもPlayStation Studiosのゲームで、力作であることは間違いないし、注目も集まっている。

 これらのタイトルラインナップどれだけPS5本体を動かす力がどれぐらいあるだろうか。現在独走状態のSwitchは、同時期の独占タイトルとして、Newポケモンスナップ、ファミコン探偵倶楽部消えた後継者、ミートピア、マリオゴルフスーパーラッシュなどの強力ラインナップを用意。

 春以降のゲーム商戦もかなり激烈な争いになりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/12 06:00

PS5の品薄は解消傾向も… お次は独占タイトルの少なさをどう挽回できるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真