日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 「割増罰則金」導入も企むNHKは公共放送ではない!

「割増罰則金」導入も企むNHKは公共放送ではない! 国民の多数が受信料廃止に反対したスイスとの違いとは?

文=日刊サイゾー

NHKに求められる「公共放送」としての必要性とは

 18年3月3日に国民投票が行われ、受信料廃止に反対が71.6%で、受信料の存続が決まった。意外なまでの大差だった。

 その理由も、両者の主張を読めば明らかだ。スイス人はスイス公共放送協会が行っている放送が明確に公共放送であり、そのようなものとして明白な価値を持っていて、それゆえに自分たちの受信料で支えなければならないと判断したのだ。だから、廃止派が正論を述べていることは重々承知の上で受信料維持を選んだ。

 スイス公共放送協会が明確に公共放送といえる要素は次の3つだろう。

1.4つの言語地域にスイスとしての放送サービスを行っている。
2.スイス人に国民として、市民として必要な情報を与え、直接民主主義に必要な意思形成に役立っている。
3.スイスのコンテンツ産業、スポーツなどにも貢献している。

 1について説明しよう。スイスではドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンス語が主に話されている。しかも、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリアなどに挟まれた小国だ。したがって、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリアの電波が入ってくる。このため、実はスイス人は、スイス公共放送協会の放送をそんなに視聴していない。

 17年のテレビの視聴占拠率は、スイスの放送局が34.7%に対して、外国の放送局が65.3%だった。ラジオの聴取占有率はかなり善戦していて、64.5%対35.5%になっている。

 つまり、スイス公共放送協会がなくなれば、あるいは弱体化すれば、スイス人は外国の放送ばかり視聴して、スイスのこと、特にほかの言語地域のことは、わからなくなってしまうのだ。

 これは、2とも関連してくる。スイスのことがわからず、情報も不足している状態で、どのように意思形成して、直接民主主義において民意を示すのだろうか。スイスのメディア学者が指摘していることだが、スイスでは新聞が外国資本に次々と買い取られ、スイス人が民意を形成するために必要な情報が得られにくくなっている。それに比べれば、放送のほうはかなり健全なのだ。

 3もまたスイスが日本と大きく違う点だが、受信料はスイス公共放送だけでなく、自治体の放送局や民間放送局、通信社にさえ分配されている。そして、スイス公共放送はこういったメディアとも一体化して事業を行っている。したがって、受信料がなくなりスイス公共放送がなくなれば、コンテンツ企業やメディア企業を志望の学生たちは外資系のメディア企業しか行き場がなくなる。スイスのジャーナリズムと言論の未来は暗くなる。

 このようにスイス公共放送は、誰にも否定できないない公共放送としての必要性を持っている。だから、あまり視聴していないにもかかわらず、71.6%のスイス人が進んで受信料を払う意思表示をしたのだ。実は、これはヨーロッパのほかの国の公共放送の多くが持っている必要性でもある。

 翻って日本のNHKはどうだろう。スイス公共放送協会のような「公共放送」としての必要性があるだろうか。民放にはない「公共放送」としての特質があるだろうか。そもそも、スイス国民がスイス公共放送協会を必要とするように、日本国民はNHKを必要としているのだろうか。

 NHKはしばしばヨーロッパの国々の公共放送を例にとって受信料徴収の正当性を主張する。しかし、それらの国の多くは、スイスと同じような事情、多言語・多民族という実情から公共放送を必要としている。その事情は日本とはまったく違う。このような国情の違いを見ると、日本では「公共放送」なぞ必要ないのではないかと思わざるを得ない。

●プロフィール
有馬哲夫(ありま・てつお)
1953年生まれ。早稲田大学社会科学部・大学院社会科学研究科教授(メディア論)。著書に『NHK解体新書』(WAC)、『日本テレビとCIA』(新潮社)、『こうしてテレビは始まった』(ミネルヴァ書房)などがある。

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/15 16:00
123

「割増罰則金」導入も企むNHKは公共放送ではない! 国民の多数が受信料廃止に反対したスイスとの違いとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

伊集院光が麒麟・川島のファロースキルを絶賛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真