日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズJr.の『プペル』鑑賞に絶望

関西ジャニーズJr.の文春報道、“先輩と穴兄弟”よりファンが絶望した『プペル』鑑賞

文=山本ロドリゲス久美子

“知性派”で売っている福本だからこそ『プペル』を選んだ?

『えんとつ町のプペル』といえば、ご存知の通りキングコングの西野亮廣が監督したことで話題になったアニメ映画だ。「文春オンライン」の記事では福本が横野と共に『プペル』を観ていたとリポートされている。

「公開直後から『プペル』を複数回観ることを『1プペ』『2プペ』と言ったり、上映後に拍手をしたりと、熱狂的な“西野信者”が悪目立ちしたせいで、“プペルの観客はイタい”というイメージを抱いている人は少なくない。福本は関西ジャニーズJr.では珍しく“知性派”キャラで売っており、クイズ番組でも活躍している。インテリなイメージもあったので、『彼女と観る映画がそれかよ……』という失望が大きいんですよね……」(同)

『プペル』に関しては、西野のオンラインサロンの会員が台本とチケット80セットを23万で買って、そのチケットが捌けず苦戦している様を綴ったnoteの記事がネット上で拡散され、悪い意味でも話題になった。

「実際は完成度の高いアニメ映画なんですよ。だけど、西野さんが『プペル』の番宣でテレビに出る際に、“0円でエンタメビジネスをヒットさせる方法”とか、オンラインサロンビジネスの話ばかりをするものだから、どうにも胡散臭さが際立ってしまっていた。ああいうのを観て鼻じらんだ視聴者も多かったでしょうね。映画の原作になった絵本は“自己啓発書”的な味付けが強く、だからこそ“ちょっと頭のいい人”ほどハマりやすいのかなとも思う。自己啓発本やビジネス書が好きな人って、それを読んで“世の中をわかった気分”になるのが一番気持ちいいわけで。『プペル』にも同じ気持ち良さがあるのかも」(テレビ局関係者)

 女性関係でなく、『プペル』鑑賞でもイメージを落とした福本。ここからどう挽回するか、頭脳派の頭をフル回転させて考えるしかなさそうだ。

山本ロドリゲス久美子

山本ロドリゲス久美子

ジャニーズ系ライター。LDHやK-POP、2.5次元舞台などの現場取材も多数経験。

最終更新:2021/08/20 00:16
12

関西ジャニーズJr.の文春報道、“先輩と穴兄弟”よりファンが絶望した『プペル』鑑賞のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

徳井・小沢と暮らした放送作家が予言する「第7世代の次」

 チュートリアルの徳井義実とスピードワゴン小沢一敬が、ルームシェアをしていたことを、...
写真