日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 日本一早いM-1グランプリ2021予想

日本一早いM-1グランプリ2021予想が話題! コウテイ、ニッポンの社長、カナメストーンが最有力か

文=日刊サイゾー

日本一早いM-1グランプリ2021予想が話題! コウテイ、ニッポンの社長、カナメストーンが最有力かの画像1
「どこよりも早い!M-1グランプリ2021ファイナリスト大予想!」YouTube【スーパーマラドーナ劇場】より

 1年間でもっとも盛り上がる賞レースとして、お笑いファン以外も巻き込むようになったM-1グランプリ。今年はマヂカルラブリーが栄冠に輝いたが、一部の熱心なM-1ファンのなかでは、すでに来年の予想も始まっている。

 M-1の決勝戦に4度進出しているスーパーマラドーナの武智は、M-1に対する愛情が深すぎて、すでに出場資格がなくなっているにもかかわらず、予選会場に足を運び、客席から戦況をチェックするほどだ。スーパーマラドーナの公式YouTubeチャンネルでは、度々M-1に関する動画を公開。12月25日には「どこよりも早い!M-1グランプリ2021ファイナリスト大予想!【スーパーマラドーナ劇場】」という動画をアップしている。

 この動画では、武智と相方の田中が、2021年のM-1グランプリで決勝ラウンドに進出するであろう芸人を予想。武智が挙げたのは、「ゆにばーす」、「見取り図」、「ストレッチーズ」、「シシガシラ」。一方の田中は、「金属バット」、「からし蓮根」、「パーフェクト・ダブル・シュレッダー」を挙げた。

「2人ともかなりガチな予想ですね。ここに付け加えるとしたら、2年連続で決勝に上がっている、『ニューヨーク』と『オズワルド』も、ファイナリストは固いでしょうね」(構成作家)

 そのほかに、M-1決勝進出が狙えそうな、有力候補はいるのだろうか。

「賞レースで結果を残している『コウテイ』、キングオブコントでは決勝に進出し、今年の敗者復活でかなりのインパクトを残した『ニッポンの社長』などは、かなり期待されています。東京芸人であれば、マセキ芸能社の『カナメストーン』、サンミュージックの『ママタルト』、神保町よしもと漫才劇場でトップを張る『令和ロマン』なども、メキメキと頭角を現しています」(テレビ局関係者)

 今年優勝したマヂカルラブリーのネタについては、“漫才か否か”という議論も勃発。スタイルの多様化、進化が著しい現状が顕になった形だが、この傾向は今後も続きそうだという。

「単なるしゃべくりではないタイプの漫才がどんどん出てきていて、その評価も高まっています。難解な言葉遊びが展開されるタイタン所属の『キュウ』、シュールかつハイテンションな『ランジャタイ』などが、決勝まで上がってきたら、かなり面白い展開になりますね」(同)

 すでに2021年のM-1グランプリは始まっているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/01 12:00

日本一早いM-1グランプリ2021予想が話題! コウテイ、ニッポンの社長、カナメストーンが最有力かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテク

 ”大喜利お姉さん”として新たなファン層を獲得しているセクシー女優の深田えいみ。発売...
写真