日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 前田日明と「リングス」の曳航(3)
リングス旗揚げ30周年記念 短期集中連載『天涯の標』

【格闘王・前田日明と「リングス」の曳航 Vol.3】群雄割拠の中、“最強の格闘技”を目指して

文=片田直久(かただ・なおひさ)

「バーリトゥードルールは日本ではできない」


リングスの運営面のみならず、自ら若手育成に注力したが、その負担は甚大なものだった。

  リングスの名物企画「後楽園実験リーグ」が幕を開けた1993年に話を戻す。前回で触れた通り、この年、第1回の「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)」が開催された。金網で囲われた「オクタゴン」と呼ばれる8角形の試合場で繰り広げられる「バーリトゥード(何でもあり)」のトーナメントは格闘技界に激震を呼ぶ。「ノー・ホールズ・バード(やってはいけないことはない)」とも呼ばれたUFCのルールは次の通り。

 ・体重無差別、時間制限なし

 ・8人制ワンデイトーナメント

 ・ブレイク、判定決着なし

 ・反則は目潰しと噛みつき、金的攻撃のみ

 ・レフェリーには試合を止める権限はない

 優勝をつかんだホイス・グレイシーの闘いぶりは総合格闘技の技術体系に変革を迫る。

 前田はカール・ゴッチからキャッチ・アズ・キャッチ・キャン(キャッチレスリング)の技術を授けられた。リングスの源流はここにある。師弟は武道精神に傾倒する点でも共通していた。

 〈「あれは日本ではできない」──そう思いました。倒れている対戦相手に馬乗りになって顔面を殴打する。武道精神に照らしても、競技としても、あっちゃならんことじゃないですか。テレビでも放映できないと思った。当時、現実問題として、パウンドありのバーリトゥードルールの電波での放映が認められているのは、ブラジルでもリオデジャネイロ州だけだった。米国ではほとんど駄目だったし、欧州では全然駄目。その後、何年かしたら、米国なんかでやりだしましたけど。あれが認められるとは思わなかった。

 パウンドルールが国内で認められるようになる過程ではリングスが利用されました。1997年にPRIDEが発足して、一番最初に会場を借りるときに、申請書に「総合格闘技」と書いたそうです。会場側に「どういう競技ですか?」って聞かれると、「リングスみたいな競技です」って答えたらしい。リングスの名前が便利に使われたわけです。

 リングス自体は前例がなかったんで大変でした。例えば、日本武道館を借りようとしても、最初は貸してもらえなかった。「総合的にパンチ、キックから、投げ、極め、締め、全部あるんです」と説明したら、「まるで喧嘩じゃないですか。そんな競技には貸せません」となる。武道館の事務所に何度か通いました。で、ようやく貸してもらえるようになった。

 そういう作業を繰り返して、いろんな会場や関係者に認知してもらえるようになったんです。後発のPRIDEが出てくる道をリングスが造ってやったようなもんですよ。〉

 すでに歴史を持つ総合格闘技団体は新興のバーリトゥードルールへの対応を迫られていた。日本プロシューティング(現修斗)は1994年から「ヴァーリ・トゥード・ジャパン」を開催。ホイスが「僕の10倍強い」と断言した実兄ヒクソン・グレイシーを招聘し、UFCに近いルールで闘うトーナメントである。

 1995年、この大会にリングス・ジャパン所属の山本宜久が出場。前田はセコンドについた。

 佐山聡が主宰する団体の興行に前田の弟子が参加する。古くからのファンは複雑な思いで見守った。

12345

【格闘王・前田日明と「リングス」の曳航 Vol.3】群雄割拠の中、“最強の格闘技”を目指してのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

YOAK広本敦さんインタビュー

 2月上旬に、ある女性がツイッターに投稿した発言が話題になった。その趣旨は「メンズレ...
写真