日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 前田日明と「リングス」の曳航(3)
リングス旗揚げ30周年記念 短期集中連載『天涯の標』

【格闘王・前田日明と「リングス」の曳航 Vol.3】群雄割拠の中、“最強の格闘技”を目指して

文=片田直久(かただ・なおひさ)

最強の格闘術は……

 〈逆進化は「先祖返り」と言い換えてもいい。その意味で言えば、今、一番最先端を行ってるのはサンボです。

 サンボっていろいろたどっていくと面白い。いろんな人がいろんなことを言うんだけど。実はロシア人で講道館柔道を習った人が帰国後に広めて、どんどん伝わっていってサンボになったっていう説が一番有力らしい。つまり、ブラジリアン柔術と同じようなもんなんです。同じように寝技が発達していった。

 サンボの場合は首に対する締め、手首を持って肘をコントロールしたりとかは全部禁止です。だから、手先もできないし、足先もできない。特に首への締めがないんでいろんな技術のバリエーションが増えました。

 コマンドサンボはリングスと堀米(奉文)さんが作ったんです。だいたい「コマンドサンボ」って命名したのは俺やから。

 で、ハンを第1号の選手にした。何でかっていったら、彼のような軍隊格闘技経験者を引っ張ってくるルートにしようと思ったんで。それでコマンドサンボを作った。

 それからまた独自に進化して、今はえらいことになってます。これから10年、20年の間はロシア人選手、特にコマンドサンボ経験者で総合のチャンピオンは独占されますよ。「総合的な格闘術」としての観点からだと、コマンドサンボが一番発達してます。〉

 当初、「前田の後継者にしてほしい」と望まれ登場した佐竹雅昭(正道会館)は1992年10月29日の名古屋レインボーホール大会を最後にリングスを去った。

 前述の通り、1995年のヒクソン戦以降、山本宜久がリングス内部で階段を一気に駆け上がった。前田の「リングスラストマッチ」(1998年)で相手を務めたのも山本だ。

 1996年にはUインターから田村潔司が移籍。ジャパン勢との激烈な果たし合いを次々に制し、前田に次ぐ地位を実力でもぎ取った。

 1998年に同じくUインターから入団した金原弘光は12連勝。前田引退後、田村が去ったリングスで「最後のエース」として体重差のある相手とも死闘を繰り広げた。

 前田は自身の後継者についてどう考えていたのだろうか。

〈どうなんだろう。わかんないですね、それは。「後継者」って決めるつもりもないですし。時々、時々によって勝ち負けもありますから。〉

(Vol.4に続く)

■前田日明の最新著作
『日本人はもっと幸せになっていいはずだ』

日本を憂う最強・最後の論客、前田日明降臨!!! 日本が抱える数々の問題、尖閣、竹島、コロナ、南海トラフなどを鋭い舌鋒で快刀乱麻! 前田日明の憤りのすべてが詰まった問題の書。(定価1400円+税) 
amazonほか、全国書店で発売中

片田直久(かただ・なおひさ)

片田直久(かただ・なおひさ)

1968年宮崎県日向市生まれ。出版社、編集プロダクション勤務を経て、現在はインディペンデントとして政治や医療、経済、抵抗文化などの分野で企画・取材・執筆・編集に携わる。渡世上の師は作家・大下英治。2020年よりYouTube「前田日明チャンネル」で合いの手を担当。現在、「リングス」について鋭意取材敢行中。日本ジャーナリスト協会運営委員。著書に『タモリ伝』(コア新書)。

最終更新:2021/06/25 17:29
12345

【格闘王・前田日明と「リングス」の曳航 Vol.3】群雄割拠の中、“最強の格闘技”を目指してのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真