日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 鬼滅ゲーム、賛否真っ二つ

鬼滅ゲームがPSで10月に登場!予約開始も売れる?売れない?でファンたちの中で賛否両論

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

鬼滅ゲームがPSで10月に登場!予約開始も売れる?売れない?でファンたちの中で賛否両論の画像1 大正時代を舞台に、主人公が鬼と化した妹を人間に戻すために戦う姿を描いた『鬼滅の刃』。昨年10月に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は国内でも大ヒットとなり、全世界での累計来場者数は4,000万人を突破、総興行収入は500億円というメガ作品になったことは記憶に新しい。

 この鬼滅のゲームが10月14日に登場する。去る6月21日から予約が開始されたが、SNS上では「売れる? 売れない?」で意見が真っ二つに分かれている。

 予約が開始されたのは、『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』で、対応プラットフォームはPlayStation4/5、Xbox One、Xbox Series X/S、Steamだ。本作では、2019年4月より放送が開始されたTVアニメ『鬼滅の刃』の“竈門炭治郎 立志編”、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』までのエピソードを収録。ゲームならではの表現でアニメ『鬼滅の刃』の物語を追体験できるとされている。

鬼滅ゲームがPSで10月に登場!予約開始も売れる?売れない?でファンたちの中で賛否両論の画像2

 ここで意見が分かれているのが、Nintendo Switch未対応についてだ。国内シェアを考えるとPS4版がメインプラットフォームになるのは確実だが、ユーザー層を考えるとSwitch版がないのは売上にインパクトが出るという意見が目立つ。

 本作のゲームジャンルは、公式では「鬼殺対戦アクション」と表現されている。予約開始日の6月21日に公開された第2弾PVを見る限り、対戦格闘ゲーム要素が強いという印象があり、これを受けて拒否反応を示す意見が一定数ある。

 よりアクション要素を強めた『戦国無双』シリーズのようなタイプを求める声も挙がっている一方で、「これはこれで楽しそう」という意見も。

12

鬼滅ゲームがPSで10月に登場!予約開始も売れる?売れない?でファンたちの中で賛否両論のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真