日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 今夏ゲーム実況で注目のタレントYouTuber3人

美川憲一がなぜかいまさらゲームに苦闘し大反響!宮脇咲良、本郷奏多などタレントYouTuberは独自戦略あり!?

 東京オリンピックも終了し、今年は緊急事態宣言下での休暇となって帰省もままならないが、ステイホームでの娯楽といえばゲームが挙がる。

 近年ではゲームは実際にプレイして楽しむだけではなく、視聴して楽しむスタイルも一般化。「動画勢」「観戦勢」という言葉もあるぐらいだ。

 先日、ソニー生命保険が全国の中高生を対象に実施した「中高生が思い描く将来についての意識調査」が発表された。その調査結果の一部を見ると、将来なりたい職業に「YouTuberなどの動画投稿者」がトップクラスの人気で、「ゲーム実況者」もトップ10に入るという結果に。

 ちょっと前までは、タレントや芸能人がYouTubeをするのは公式のMVなどにとどまっていたが、新型コロナウイルスの影響でステイホーム時間の増加やTV収録が減ったため多数のタレントたちがYouTuberデビューをした。しかも、ゲーム実況をするタレントが増え続けている。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真