日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > “キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき  > “キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、『孤狼の血 LEVEL2』にモノ申す「あんなヤクザ、平成初期にいねーよ!」

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、『孤狼の血 LEVEL2』にモノ申す「あんなヤクザ、平成初期にいねーよ!」

文=瓜田 純士(うりた・じゅんし)

キング・オブ・アウトロー瓜田純士、『孤狼の血 LEVEL2』にモノ申す「あんなヤクザ、平成初期にいねーよ!」の画像1
瓜田純士(撮影=おひよ)

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、森羅万象を斬る不定期連載。今回のテーマは、大ヒット中のヤクザ映画『孤狼の血 LEVEL2』(原作:柚月裕子、監督:白石和彌)だ。前作『孤狼の血』(2018年)を大絶賛した瓜田ファミリーだが、続編となる本作には、果たしてどのような反応を見せるのか?

 元極道の瓜田純士と、その妻・麗子。そして、かつては極道の妻だった、純士の母・恭子。そんな瓜田ファミリーが今か今かと公開を持ち望んでいたのが、『孤狼の血 LEVEL2』だ。前作の『孤狼の血』も一家揃って鑑賞し、そのときは三者ともに大満足した様子(記事参照)。続編が封切られるや否や、「観に行きたい!」と三者が熱望したため、今回はこの映画の感想を忖度なしで語ってもらうことにした。

 あらすじは、公式サイトによると以下の通り。「3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれ殺害されたマル暴の刑事・大上の後を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡(松坂桃李)。しかし、刑務所から出所した“ある男”の登場によって、その危うい秩序が崩れていく……」。

 三者ともに原作は未読とのことだが、予告編やインターネットの情報などから「面白そう」という感触を得たらしく、喜び勇んで映画館に入っていった。以下は、観賞後のインタビューである。

前作は“ヤクザあるある”がよく描かれていたが……?

――いかがでしたか?

瓜田麗子(以下、麗子) めっちゃオモロかったわ~!

瓜田恭子(以下、恭子) ええっ? ウソー!?

麗子 シリーズものって普通、1が一番良くて、だんだんダメになっていくパターンが多いけど、今回は1よりも磨きがかかってた。これまで観たヤクザ映画の中で一番かも。松坂桃李、鈴木亮平、斎藤工、滝藤賢一といった大好きな俳優がたくさん出てたし、登場人物の掛け合いも面白かった。

恭子 私はものすごく期待値が高すぎた分、なんかねぇ……。バイオレンスはすごいんだけど、物語的にはどうかなぁ、と思っちゃった。

瓜田純士(以下、純士) 瓜田親子は、ガチガチの極道ものが好きだからね。

恭子 うん。鈴木亮平の演技はすごかったんだけど、あまりにも怖すぎて、「映画としてどうなの?」と引いちゃったわ。

純士 任侠映画というより、ホラー映画みたいに感じたのかな?

恭子 そう。怖すぎて、面白くなかったのよ。あと、ストーリーのある部分が、映画『日本で一番悪い奴ら』(16年)と似ている点も気になったわ。

――純士さんの感想は?

純士 途中までは面白かったですよ。特に鈴木亮平演じる上林はドハマリで、あそこまで鬼のような役を演じきったのはお見事でした。狂犬じみた振る舞いと、過激な暴力描写のせいで、上林はめちゃくちゃ悪い奴みたいに見えていたけど、本当のクズは松坂演じる日岡だからね。

麗子 えっ? なんで?

純士 だって、前作を観ればわかるけど、すべては日岡のまいた種なわけじゃん。一番悪いのは警察なんだ、ということを描きたかった作品なんだと思うよ、きっと。一方、上林のやってることは、すべてが彼の中では正義なんですよ。自分が世話になった親分(石橋蓮司)が、 日岡にハメられて殺されてしまった。しかも、 自分が懲役に行ってる間に、 残された幹部たちはみな牙が抜かれた状態になっていて、 抗争も勝手に手打ちにされていた。

 そんな状況に苛立ちを感じて、親分の仇を取るために暴れ出した上林は、悪く見えるけど誠実な奴なんですよ。ピアノ講師をあんな目に遭わせたのも、ケツを取りにいっただけ。S(スパイ)を殺っちまえと考えるのも、当然のこと。ヤクザとして一番筋を通しているのは、上林なんですよ。Sをジリジリと追い詰める描写、追い詰められたSのテンパリ描写も、良かったですね。ヒリヒリしました。そのへんまではものすごく良かったんですよ。

 ところが終盤、日岡と上林の格闘シーンになったあたりから、興醒めしてしまいました。

――それはなぜでしょう?

純士 格闘シーンが長すぎるんですよ。ジョン・ウーの『男たちの挽歌』シリーズかよ、と。最後に白い鳩でも飛ぶのかと思いました。

麗子 ジョン・ウー、めっちゃええやん。

純士 雨の中、お互いドロドロになりながらカンカンドスドスやり合うっていう、あの手のクソ長い格闘シーンは、アジア映画で腐るほど観てきたから、個人的には食傷気味かな。互いに超人的な粘り強さを発揮して、なかなか死なないというのも幼稚くさい。しかも今回は雨の音のせいで、上林のセリフがよく聞き取れなかったし。

麗子 自分のYouTube(瓜田純士プロファイリング)もそうやん。声が聞こえへん、って苦情だらけやで。

恭子 手錠の鎖で敵の攻撃を食い止めるシーンがあったけど、笑っちゃったわ。そんなわけあるか、と(笑)。

純士 アクション映画ならいいんだけど、瓜田親子が期待してたのは、リアリティのある任侠映画だからね。前作は、細かいディティールで“ヤクザあるある”が面白く描かれていたから満足できたけど、今回は、あの格闘シーンを筆頭に、全体的にリアリティに欠けていた気がする。ピストルもバンバン撃ちすぎだし、しかも、その弾がことごとく当たらないという。

恭子 前作では優等生然としていた日岡が、たった3年で、あそこまでの不良刑事になってるのも不自然じゃない?

純士 しかも、その不良描写にも無理があった。松坂桃李が無精髭を生やして頑張っていたけど、彼は顔つきや声に品があるし、体型もスラッとしているから、“孤高のマル暴刑事”って感じがしないんだよなぁ。あんな優男が、広島のドヤクザたちと渡り合えるはずねーだろ、と。ジェイソン・ステイサム級のマッチョなら、説得力があるんだけどさ。

恭子 桃李くんは183㎝あるから日本人としては大柄なほうなんだけど、今回は敵の鈴木亮平がさらに長身(186㎝)でイカつかったから、比較するとどうしても弱そうに見えちゃうわよね。

一番の見どころは斎藤工の○○

――鈴木亮平の役作りについて思うところは?

純士 あの北朝鮮っぽい髪型と、薄い眉毛、尖った耳が、悪魔じみてて怖かった。カラス彫り(墨の濃淡のみで表現する刺青)にも、不気味さがあったよね。

麗子 あの顔で、うっすら笑うから怖いねん。キャラが立ってて良かったわ~。

純士 ただ、そのキャラだけで「破天荒な極悪人」と思われるのは可哀想だけどね。

麗子 なんで? どっからどう見ても極悪人やん。

純士 (呆れ顔で)だからぁ……、同じこと何度言わせるの? 悪いのは日岡なの! ウチの嫁みたいなアホなライト層がきっと、「桃李くん格好いい♡」とか言って、この映画を無邪気に楽しんでるんだと思いますよ。

麗子 純士は盛んに「悪いのは日岡で、正しいのは上林」と言うけど、上林があそこまで体をかけるほど、殺された親分(石橋蓮司)って魅力的な人やったん? 前作を見る限り、性格の悪い磯野波平にしか見えへんかってんけど。

純士 確かに、そこを突っ込まれると弱い。「人殺しの自分を拾ってくれて、親代わりになってくれた」という恩義があるんだろうけど、そのへんの描写が映画では一切なかったからね。それは尺の都合で仕方がなかったとしても、上林について、できれば描いて欲しいことがあった。それは、彼がただの極悪人じゃないってことをわからせる描写。たとえば、日岡との死闘の末、薄れゆく意識の中で、幼少期の数少ない楽しい思い出がフラッシュバックする……とか。そういうワンシーンがあるだけで、作品の印象がだいぶ変わったと思うんだけど。

恭子 後味が良くなるよね。今回は後味が悪かった。

純士 あと、ラストの狼のクダリも、おそらく原作で描かれた重要なシーンなんだろうなと想像はつくけど、そんなのは小説だけにして欲しい。映画であのシーンは要らなすぎる。

麗子 確かに。あれは要らんかったな。

――ところで、出所したばかりの上林が、義理場にズカズカ乗り込んで無作法を働くシーンがありましたが、ああいう跳ねっ返りのヤクザって、実在するのでしょうか?

純士 いるけど、組織はヘタレじゃないから、上からやられちゃいますね。やられる前に突っ張る人はいっぱいいます。この映画では、組織が弱体化している様子を描きたかったんでしょうけど、それにしたって、吉田鋼太郎、寺島進、宇梶剛士といった上層部が弱すぎて、コントみたいだった。

恭子 犬の首輪をハメられたりとか、マンガよね。

純士 凶暴も行きすぎると、マンガになっちゃう。法治国家なんでね。あと、斎藤工! 『麻雀放浪記2020』(19)年のときもそうだったけど、役作りにこだわりすぎて、空回りしてるんだよ……。なんだ、あの麻雀の灘麻太郎プロみたいなヤクザは!

麗子 えっ? 良かったやん、あれ。

純士 あんなヤクザ、平成初期にいねーよ。斎藤工は『HiGH&LOW THE RED RAIN』(16年)のときも顔面タトゥーを入れたいとスタッフに提案して、却下されたらしいけど、今回はヒゲかよ。やる気マンマンなのはいいけど、なんだか浮いちゃってるんだよな……。

麗子 文句言う割に、よぉ知ってんなぁ。

純士 入れ込みすぎてスベるところも含めて、実は斎藤工が大好きなんだよ(笑)。

――西野七瀬はどうでしたか?

純士 上手かったね。

恭子 スナックのママさんには若すぎる気がしたけど。

麗子 でも村上虹郎のお姉ちゃん役やから、ちょうどええんちゃいます?

純士 顔も似てたしね。虹郎がああいう目に遭うのは、薄々わかっていたけど、泣いたわ。

麗子 あそこまでやる? 上林ら、許されへんわ。

純士 いやだから、それも日岡が悪いんだよ。

麗子 あれは悪いな。

純士 いや、あれだけじゃなく、全部日岡が悪いんだよ。もう嫁の相手をするの、疲れたわ……。

――ではそろそろ、総括のコメントをお願いします。

純士 総じて言うなら、一番の見どころは斎藤工のヒゲですね。この映画の採点は55点ですが、そのうち30点は斎藤工のヒゲです。

麗子 結局気に入ったんかい!

(取材・文=岡林敬太)

キング・オブ・アウトロー瓜田純士、『孤狼の血 LEVEL2』にモノ申す「あんなヤクザ、平成初期にいねーよ!」の画像2
『孤狼の血 LEVEL2』公式サイトより

『孤狼の血 LEVEL2』瓜田一家の採点(100点満点)
純士 55点
麗子 93点
恭子 50点

瓜田 純士(うりた・じゅんし)

瓜田 純士(うりた・じゅんし)

1979年、新宿歌舞伎町生まれ。元アウトローのカリスマ。著書に『ドブネズミのバラード』(太田出版)、『遺書〜関東連合崩壊の真実とある兄弟の絆〜』(竹書房)など。

記事一覧

Twitter:@Junshiurita

瓜田純士プロファイリング

最終更新:2021/09/04 21:19

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、『孤狼の血 LEVEL2』にモノ申す「あんなヤクザ、平成初期にいねーよ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真