日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 霜降り明星の“オーバーワーク”を心配する声

霜降り明星、冠番組がまさかの“降格”…オーバーワークを心配する声も

文=田井じゅん(たい・じゅん)

霜降り明星、冠番組がまさかの降格…オーバーワークを心配する声もの画像1
『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)公式Twitter(@shimovara)より

 霜降り明星の冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)の放送枠が10月から“降格”することとなった。

 現在、毎週火曜深夜0時15分からの30分番組とし放送している『霜降りバラエティー』。同枠では10月から爆笑問題と神田伯山が出演する『まさかのルールはなぜできた!? 作画プレゼン! 刺さルール』がスタートし、『霜降りバラエティ』は毎週土曜深夜3時からの枠に移動。さらに放送時間も10分短くなり20分番組となる。

「若手トップの霜降り明星の冠番組としては、異例の“降格”と言えますね。番組終了ではなく、放送時間短縮というのもめずらしいです」(テレビ局関係者)

 さらに、テレビ朝日の霜降り明星のレギュラー番組としては、『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!』(毎週日曜夜9時55分)も9月いっぱいで終了する。

「1つの番組が降格になって、1つの番組が終了するということで、霜降り明星とテレビ朝日の関係悪化を噂する関係者もいますね」(同)

 実際にはどうなのだろうか。とあるお笑い事務所関係者はこう話す。

「裏で何かがある可能性はあるものの、実際には局側の編成上の都合でしょうね。ただ、霜降り明星はフジテレビ系のコント番組『新しいカギ』の収録が結構たいへんで、スケジュールがパンパンになってきているとも聞いています。しかも、『新しいカギ』は秋から『ひょうきん族』や『めちゃイケ』をやっていた土曜8時の枠に移動しますし、よりいっそう注目度も高まる。霜降りサイドとしては、スケジュールを調整するという意味でも、レギュラー番組の終了は縮小は助かる部分もあるのかもしれないですね」

 レギュラー番組に加え、劇場の出番やYouTubeの公式チャンネルでの動画投稿も精力的に行っている霜降り明星。そのオーバーワークを心配する声も多いのだ。

「YouTubeの動画は1日に7本とか8本とかまとめ撮りしているようですが、動画の中で本人たちが“無理やり撮っている”とネタにするほど。企画を考えるのも大変でしょうし、正直YouTubeが彼らを追い込んでいる部分もあると思いますよ。しかも、今年はキングオブコントにも出場し、プレッシャーもあったはず。もしも決勝に進出していたら、それこそパンクしていたかもしれない。準決勝で敗退してホッとしている関係者もいるでしょうね」(同)

 以前、せいやが忙しすぎて精神的に疲弊していることを『シンパイ賞』で告白したこともあった。彼らがベストなパフォーマンスを見せるには、ちょっと余裕があるくらいのスケジュールのほうがいいのかもしれない。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/09/13 21:00

霜降り明星、冠番組がまさかの“降格”…オーバーワークを心配する声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真