日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > あいなぷぅ「マジで、どうでもいい」発言を考える

パーパーあいなぷぅの「マジで、どうでもいい」発言を支える、あるいは囲い込む誰かの声

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

パーパーあいなぷぅの「マジで、どうでもいい」発言を支える、あるいは囲い込む群衆の声の画像1
パーパーあいなぷぅinstagram(@abcdefghijklmo_)より

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(9月5~11日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

あいなぷぅ「マジで解散しようがそのままやってようが、どうでもいい」

 雨上がり決死隊のコンビ解散が生配信で発表されたのは先月17日。そこから約1カ月が経つが、ネットニュースの見出しなどで、特に宮迫博之のYouTubeなどでの動向に触れる機会は多い。フジモンこと藤本敏史(FUJIWARA)の生配信での号泣や発言が、バラエティ番組でイジられている場面を目にしたりもする。

 そんななか、11日の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、オープニングからその話題で盛り上がっていた。例の配信があってから、初めての収録だったらしい。

明石家さんまは、前回の収録直前に蛍原徹から解散を聞いていたと語った。蛍原と宮迫の最近のギクシャクした関係を知っていた今田耕司は、雨上がり復活に向け動いているさんまに2人の現状を知らせようか迷っていたと吐露した。宮迫のYouTubeでの活動も、もし1人でやっていたら蛍原も応援するつもりだったのではないか、といった話も出た。

 そんな流れで、さんまが「お前なんかまったく興味ないやろうけども」と話を振った、パーパーのあいなぷぅのひと言に痺れた。

「ホントに、マジで解散しようがそのままやってようが、どうでもいい」

 そもそもお笑いに興味がないと繰り返し公言してきた彼女は、この件でも「どうでもいい」。このSNS隆盛のなか、世間で盛り上がっている話題に対しては、個人的に興味がないことでも何か立場・意見を示さなければいけないのではないかという気になってしまうけれど、そんな周囲の盛り上がりをちゃぶ台返しして「どうでもいい」と言っちゃうスタンス。もちろん、さんまが作ったスムーズな流れのなかでの発言なのだけれど、痺れた。

 だからもう、言ってもいいと思う。世間がまだ不倫を気にしてる的なスタンスでメディアに出てくる原田龍二はどうでもいいとか、言ってもいいと思う。って、そんな話題、世間では盛り上がってすらないわけだけれど。

12

パーパーあいなぷぅの「マジで、どうでもいい」発言を支える、あるいは囲い込む誰かの声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

アイドルをDX化!?新たなファン獲得に挑む!

 アイドルグループ「プリズムファンタジア」として活動しながら、大久保の「スナックめぐ...
写真