日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > かまいたち、レギュラー増でも才能の無駄遣い?

かまいたち、レギュラー爆増でも「VTRを見る番組」ばかり…才能の無駄遣い?

かまいたち、レギュラー爆増でも「VTRを見る番組」ばかり…才能の無駄遣い?の画像1
テレビ朝日系『ウラ撮れちゃいました』公式サイトより

 10月の改編で、地上波レギュラーが3本増えたかまいたち。テレビ朝日系『ウラ撮れちゃいました』は初の地上波ゴールデンタイムのMC番組となり、まさに快進撃が続いている。

『ウラ撮れちゃいました』は、さまざまな業界の裏側の密着する“社会科見学バラエティー”。司会のかまいたち、白石麻衣やゲストたちが、ロケVTRを見ながらコメントをする番組だ。

「お笑い賞レースで多くの結果を残しているかまいたちなので、コントやゲーム、大喜利などを楽しむお笑い番組に出てほしいという声もありますが、彼らが出演する番組は“VTRを見る”タイプが多いんですよね。これには、かまいたちの無駄遣いだ、なんて意見も聞こえてきます」(テレビ局関係者)

 この10月に始まった日本テレビ系バラエティ『超無敵クラス』は、10代の若者がロケをして、それをMCのかまいたちと指原莉乃がスタジオで眺めるという番組だ。また、テレビ東京系『お仕事search!それってグッジョブ』も、話題の新商品や新サービスに関するVTRを見る番組である。

 もちろん『千鳥かまいたちアワー』(日本テレビ系)や『かまいガチ』(テレビ朝日系)のように、自身のトークやロケを中心としたお笑い番組でも活躍はしているが、たしかに“VTRを見る番組”がいやに多い。

「VTRを見るタイプの番組は、基本的にMCが誰であっても成立します。ということは、かまいたちである必要がないとも言える。かまいたちの芸人としての面白さを見たいというのであれば、ちょっと物足りなさを感じる視聴者がいても不思議ではありません。

 ですが、そういった番組にかまいたちが入ってきているというのは、芸人としての評価だけでなく、“お茶の間でウケるタレント”としての評価が高い証拠でもあるんです」(同)

 かまいたちには、必ずしも“かまいたちらしさ”が求められているわけではないという。

「かまいたちがテレビ界で重宝されるのは、芸人としての個性をうまく“消す”ことができるからなんですよ。VTRが主役の番組であれば、そのVTRの面白さを引き出すことに徹するのがかまいたちで、ヘンに前に出てこようとしない。時にはまったくボケることなく、VTRにコメントをすることもあります。どうしても芸人さんの場合、自分たちの持ちネタを挟むことが多いし、制作サイドもそこを入れ込んでしまいがち。でも、かまいたちの場合、持ちネタなしで番組をうまく盛り上げることができる。単なる“流行りの芸人”とは異なるスキルを持っているんですよね」(バラエティー番組関係者)

 かまいたちが個性を消すことができているのは、そもそも“持ちネタ”がない状態で売れてきたからだとの分析もある。

「多くの芸人さんは、キャラ立ちがハッキリしていて毎回必ずイジられるポイントがあったり、定番のトークがあったりしますが、かまいたちの2人はそういうわかりやすい武器を持たないままバラエティーに進出し、そこで結果を出してきた。キャッチーな存在になるために、無理して“持ちネタ”を作る芸人もいますが、それをあえてやらなかったことが、今のかまいたちにつながっているんですよね」(同)

 芸人らしくないところが大きなストロングポイントとなっているかまいたち。バラエティーの世界でもっともっとのぼり詰めていきそうだ。

浜松貴憲(ライター)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

はままつたかのり

最終更新:2021/10/21 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed