日刊サイゾー トップ > 芸能  > 太田光の“選挙特番”は本当に暴走だったか?

爆笑問題・太田光の“選挙特番”は本当に暴走だったか?

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

 まとめると、選挙番組に出演してNG発言を連発して炎上している……というのは僕からしたら間違いだ。

 そもそもこの番組のチーフプロデューサーは番組が始まる前に「政治家と言葉を介して向き合える、唯一の芸人さんである太田光さんをスペシャルMCに迎え”私たちのミライ”を忖度なく問います」と言っている。『忖度なく』その通りになったでは無いか。一人の芸人 × 国民として意見を延べ、納得いかない点は正直に反論し、政治家という存在に怖気ず、素のままに質問をぶつけている。答えていないのは政治家の方だ。

 政治に興味がない若者が多いのは事実だ。駅前で朝から演説する政治家、一日に何度も何度も近所を回る選挙カーから流れる所信表明、明るい未来への約束が笑顔と共に飾られているポスター、世の中を変えていくのは国民自身という主張と、自分の一票では世の中は変わらないという人間の間には簡単に埋まらない距離があるのは事実だ。しかし、こういったエンタメ的要素を通じ、

 少しでも政治に興味を持つ人間が増えるのはとてもプラスだと思う。甘利氏に述べた“戦犯”なんてワードを聞いたら、この人は何故こんな風に言われているんだろうと興味が沸き、甘利氏を調べる若者もいるかもしれない。そんな事の積み重ねが、結果的に若者の政治離れを防いだり、投票率の向上に繋がる。「政治に興味が無い人でも見れる選挙特番」を引き続き作って欲しい。もっとブラッシュアップし、若者から大人まで政治に無頓着な人間を視聴者に出来れば最高視聴率間違いなしだ。

 炎上した段階ですでに良い成果が出ているということなのかもしれない……。

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

1996年お笑いコンビ「ホーム・チーム」を結成。NHK『爆笑オンエアバトル』には、ゴールドバトラーに認定された。 また、役者として『人にやさしく』(フジテレビ系)や映画『雨あがる』などに出演。2010年にコンビを解散しその後、 演劇集団「チームギンクラ」を結成。現在は舞台の脚本や番組の企画などのほか、お笑い芸人のネタ見せなども行っている。 また、企業向けセミナーで講師なども務めている。

Twitter:@@hiyama_yutaka

【劇団チーム・ギンクラ】

最終更新:2021/11/06 08:00
123

爆笑問題・太田光の“選挙特番”は本当に暴走だったか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

Daichi Yamamoto「音楽や芸術は差別や分断をチャラにできる」

 2年前にリリースしたファーストアルバム『Andless』とは、着飾ったものを脱ぐと...
写真