日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > レスラー白熱の「推しサウナ」プレゼン
連載3回目

サウナ界のディズニーランドとは? プロレスラー白熱の「推しサウナ」プレゼン大会

サウナ界のディズニーランドとは? プロレスラー白熱の「推しサウナ」プレゼン大会の画像1
写真/三浦太輔(左から、上野勇希、勝俣瞬馬、竹下幸之介、MAO)

 サウナブームと言われて久しい昨今。健康改善やコミュニケーション活発化を期待して、いま多くの企業内にサウナ部が設立されているという話もあるが、その波はプロレス界にも及んでいる。

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキャラクターの強さが人気の「DDTプロレスリング」内で、DDTサウナ部が本格始動したのは2020年11月。竹下幸之介、勝俣瞬馬、上野勇希、MAOという、団体の未来を背負って立つ人気の次世代レスラー4人が集まり『The37KAMIINA(サウナカミーナ)』という正式なユニットとして、リング上で熱い抗争を繰り広げるようにまでなっている。

 プロレス界で大きな躍進を遂げる彼らが、試合さながらのチームワークでプロレスとサウナの魅力を語り尽くす、“読んでととのう”連載が始動。今回はその3回目をお届けします!

「サウナ界のディズニーランドなんです」

サウナ界のディズニーランドとは? プロレスラー白熱の「推しサウナ」プレゼン大会の画像2
まずは上野氏の推しサウナから!

ーーサウナ連載も3回目ということで、今回はみなさんの「イチオシ施設」をプレゼンしていただきたいと思っています!

勝俣瞬馬(以下、勝俣) えー、どこだろう。いっぱいありすぎる(笑)。

上野勇希(以下、上野) でも、王道だけど僕は池袋の「かるまる」を推しておきたいですね。あまりにもよすぎるから、オススメするのも恥ずかしいぐらいの施設ですけど、やっぱり気持ちいいんですよね。

サウナ界のディズニーランドとは? プロレスラー白熱の「推しサウナ」プレゼン大会の画像3
2019年にオープンして以降、「サウナシュラン」の常連でもある「かるまる」(東京都豊島区池袋2丁目7−7 6F/公式ホームページ

MAO もはや、ディズニーランドだよね。

竹下幸之介(以下、竹下) 料金もちょっと高めなんよね。(※一般料金2,980円、会員料金2,480円)

上野 確かに料金設定は高めだけど、僕らは月1回の後楽園ホール大会や、半年に1回ぐらいビッグマッチがあるから、そういうときにご褒美サウナとして行きますね。サウナも岩サウナ、ケロサウナ、蒸サウナ、薪サウナと4種類あるから、1セットずつでも4回入れるし、体力が持ち続ける限りぐるぐると回っていられます(笑)。特に、薪サウナが好きで、ウィスキングサービスの会場でもあるから、利用できる時間は限られるんですけど、やっぱりよく考えられてるんですよね。真っ暗な空間で椅子のまわりに薪ストーブがあるんですけど、前が鏡になっていてメラメラ燃える炎が見えて落ち着くし、乾燥しやすいから定期的にロウリュもしてくれるし、香りもいいし、どこをとっても気持ちいい。水風呂も素晴らしいです。

MAO あえて「かるまる」の弱点を言うなら、良すぎるが故に、元を取ろうと頑張りすぎて逆に疲れちゃうところ(笑)。

勝俣 それはある!

MAO サウナも水風呂もお風呂も種類が豊富だし、平気で6セット、8セットとかいっちゃうからね。

勝俣 確かに、気持ちよすぎることが弱点の可能性はありますね。オススメするのがはばかれるぐらいすごい施設です。

ーー食事処や休憩エリアも充実していますしね。

勝俣 だから休みの日に1日ゆったりするなら、あの金額はいいと思うんです。僕たちは、サウナ2時間で出ちゃたりするから、そのためだけと考えるとちょっと高く感じちゃうんですよね。

竹下 そうね、1日遊びに行く場所として考えたら全然いいと思う。

MAO ディズニーランドだって、朝から晩まで遊んだら疲れちゃうもんね。

上野 それと同じと考えたらまったく高く感じないな。僕としてはむしろ「この金額でいいのか……?」とすら思ってますから。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed