日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 渋谷凪咲、2022年は“第2の指原”に?

NMB48渋谷凪咲が愛される理由 2022年もブレイク継続で“第2の指原”に?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

NMB48渋谷凪咲が愛される理由 2022年もブレイク継続で第2の指原に?の画像1
渋谷渚Instagram(@nagisa_nikoniko)より

 昨年、バラエティ番組に引っ張りだこだったNMB48の渋谷凪咲。テレビ局関係者の間によれば、2022年も渋谷の勢いは止まらなさそうだという。

「もともとNMB48が拠点とする関西でレギュラー番組を持つなど人気が定着していた渋谷ですが、2021年には東京の番組にも進出して大ブレイク。天然ボケから真面目なコメントまで、どんなトークもできるので番組で使いやすい存在ですね。関西の番組で吉本芸人とも頻繁に共演をしているので、イジりやすい妹的な存在として可愛がられています。吉本芸人にとっても、渋谷は自社系列の事務所に所属するアイドルということで、容赦なくツッコめるのもポイントでしょう。バラドルの代表格格だった小島瑠璃子が私生活のトラブルで仕事を減らしたところにうまく滑り込んだのもタイミングがよかったです」(民放関係者)

 なぜ、渋谷はここまで人気が出たのか。デビュー当時から本人にインタビューをしていたネットニュース編集者が、その秘密を明かしてくれた。

「渋谷はおっとりしているように見えて、実はかなり賢く、デビュー当初からバラドルとして活躍することを目標にして活動してきました。デビュー前から芸人のラジオを聞くなどお笑い好きで、吉本新喜劇など劇場に通ってトーク術を勉強し、芸人になろうかと本気で悩んだこともあったそうです。NMB48メンバーとしてデビューしてからは、劇場やコンサートでボケを連発するなど着実にお笑いスキルを高めていきました。その一方で、アイドルとしての努力も怠らず、ダンススキルも高い。NMB48で絶対的エースだった元メンバーの山本彩も渋谷をかわいがっていて、タレントとしての技術を教え込んだと言われています。また、渋谷はああ見えてとても芯が強く、一時期NMB48メンバーのスキャンダルが連発したときは、残った仲間をまとめる役を買って出ていたしっかり者です。時には涙を流して後輩たちを鼓舞したこともあり、メンバーからの信頼も厚い。非常に努力家で真面目な渋谷を、悪く言う関係者を見たことがありません」

 そんな渋谷は“第二の指原”として、来年もさらに人気が加速すると言われている。

「指原はMCとしてのイメージが付きすぎて、ひな壇では使いづらくなった。そのため、同じようなテイストの番組にばかり出演するようになり、マンネリが懸念されています。本人も最近はバラドルとしての活動よりも、アイドルのプロデュースやコスメなど美容関連の仕事をしたがっている。フワちゃんを事実上発掘するなどプロデュース能力も高いので、秋元康のように裏方の仕事に興味を持ち出しているようです。そこで、指原の代わりに渋谷を起用する番組が増えてきています。渋谷は大喜利やコントなどにも対応でき、実力は指原と同じかそれ以上。スタッフ受けもよく人気です」(民放関係者)

 渋谷のバラエティースキルを見込んで、吉本興業も売出しを加速させている。

「NMB48運営会社の親会社となる吉本は、10月から渋谷をMCにした冠番組『~凪咲と芸人~マッチング』(テレビ朝日系)を持たせるなど大プッシュ。千鳥やかまいたち、そしてダイアンなど人気芸人と絡ませることが多く、ダウンタウンの番組にも率先して出演させています。また、12月からはラジオ番組『渋谷凪咲のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)にもパーソナリティとして挑戦。共演した蛙亭のイワクラと大喜利を繰り広げましたが、渋谷のほうが面白かったと評判になっていました(笑)。現在はまだ大阪を拠点にしている渋谷ですが、今年は東京にも住居を用意して本格的に売り出し、女性タレントのテレビ出演本数で1位にさせようとしているようです」(民放関係者)

 指原莉乃の大ブレイク以降、大型バラドルが生まれていなかったが、渋谷凪咲がついにその牙城を崩すのか?

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2022/01/02 21:00

NMB48渋谷凪咲が愛される理由 2022年もブレイク継続で“第2の指原”に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

里咲りさ×吉野七宝実スペシャル対談

今回ご登場いただく対談相手は、あの「干物グラビア」が大バズりした吉野七宝実さん。所属して...
写真