日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > 紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…
本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

紅白歌合戦が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…『笑ってはいけない』復活が決定打に!?

文=本多圭(ほんだ・けい)

紅白歌合戦が高齢者切り捨てで迎えた断末魔…『笑ってはいけない』復活が決定打に!?の画像1
司会者・大泉洋の奮闘も虚しく

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』に視聴率を脅かされてきた『NHK紅白歌合戦』。昨年はその「絶対に笑ってはいけないシリーズ」が休止になったことで、『紅白』の一人勝ちになるのでは、と言われていたが、蓋を開けてみれば、平均世帯視聴率34.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と歴代最低を記録した。

「NHKは、若年層からの受信料獲得のため、高齢者を切り捨て、若者に媚びる番組制作に走りました。その結果、視聴率で惨敗。外部だけでなく、NHK内部からも『紅白』打ち切りの声が挙がっていますよ」(音楽ライター)

 民放では、11年連続トップだった『ガキの使い』の特番「笑ってはいけない」シリーズを休止した日本テレビ系が、新番組『笑って年越したい! 笑う大晦日』を放送したが、平均世帯視聴率は第1部が7.2%、第2部が5.6%。第1部だけ見ても、前年の『笑ってはいけない~』の17.6%から10ポイント以上ダウンした。

『笑ってはいけない~』に代わって民放トップとなったのは、テレビ朝日系の『ザワつく! 大晦日 一茂良純ちさ子の会』の12.1%(前半)。また、テレビ東京系の『第54回年忘れにっぽんの歌』は8.3%と、前年より0.9ポイントアップさせ、音楽関係者から「テレ東のほうがよっぽど『紅白』らしい」と絶賛する声が挙がった。

「『年忘れにっぽんの歌』の出場歌手は、『絶対にはずさない名曲』というコンセプトのもと、往年の名曲をじっくり聴かせる内容で、出場歌手も、去年『紅白』を落選した五木ひろし始め、演歌・歌謡曲系の歌手を中心に、ほとんどが『紅白』経験者。毒舌で知られるテレビプロデューサーのテリー伊藤も、ラジオ番組で『年忘れ』を絶賛していました」(夕刊紙記者)

 テリー伊藤が絶賛するように、昨年8月に誤嚥から小脳出血を発症して、言葉に障害を残した“永遠の若大将”加山雄三は、『年忘れにっぽんの歌』で完全復活を果たした。

「加山は、話すときはろれつが回らないところもありましたが、歌は完璧でした。渋い演歌の大川栄策や千昌夫などは、コロナ禍で歌う場所を失ったことで、『年忘れ~』のために喉を調整してきたことが窺えました。平和勝次の『宗右衛門町ブルース』などは、久々に聴いて涙が流れました。“昭和歌謡ファン”にとっては最高の番組でしたよ」(元音楽プロデューサー)

 一方、『紅白』は年々“演歌枠”が減少。昨年は五木ひろしも落選し、演歌歌手は男女ともに4~5組程度だった。

「NHKは、M1層やF1層(20~34歳の男女)の意識調査をしたうえで選考したようですが、その層は受信料未払いが多い。NHKの狙いは、新たな受信料の獲得ですよ。その代償として、『紅白』を支えてきた高年齢層を切り捨てた。彼らの間では、青春の1ページとして、昭和演歌や昭和フォークがブームになっている。その歌が聴けなければ、『紅白』は見ませんよ」(音楽ライター)

 筆者は幼い頃、ラジオから流れる岡晴夫、青木光一、三橋美智也、春日八郎の歌を聴いて育った。その後、橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の“御三家”や、故・西城秀樹さんや野口五郎、郷ひろみの“新御三家”、宇多田ヒカルの母親の故・藤圭子さん、それに大川栄作らの歌に魅了されてきた。

『週刊ポスト』の記者を辞めてフリーになって食えない時代、イベンターの仕事をしていた時は、大分県で行われた中島みゆきのコンサートや、『思い出まくら』の大ヒットで知られる小阪恭子の福島県会津若松市のコンサート、『わかってください』で知られる因幡晃の岡山県のコンサートに同行したことがあった。いずれもコンサートの後、打ち上げで一緒に一杯飲んだことが、いまだに記憶に残っている。

 ほかにも、昭和フォーク歌手のコンサートに同行した経験があって昭和フォークが懐かしいが、そうでなくても、カラオケ仲間の間では“昭和歌謡ブーム”を感じている。
「そのときの歌手が一人も出ていない『紅白』なんて、高齢者は見ませんよ」(元有線放送関係者)

 これまで17%台の視聴率を取って『紅白』を脅かしていた日テレの『笑ってはいけない~』も、代替番組の視聴率が惨憺たる数字だったこともあって、早くも今年は復活が予想されている。

「復活すれば、期待度が高まって20%台の視聴率を取るかもしれない。そうなれば、『紅白』は打ち切りの検討を迫られることになりますよ」(番組制作会社プロデューサー)

 実際、ダウンタウンが所属する「吉本興業」の大崎洋会長は、昨年、筆者の取材に、「番組スタッフから、(『笑ってはいけない~』は)1回休もうと言ってきただけ。ただそれだけ」と復活に含みがある発言をしている。

 他方、NHKはといえば、昨年1月に会長に就任した前田晃伸氏は、マンネリを打破するため、同局の長寿看板番組『ガッテン!』と『バラエティー生活笑百科』の打ち切りを決定した。
「大改革を提唱している前田会長は、『紅白』についても提言していましたからね。彼の任期は23年1月まで。昨年の『紅白』の歴代最低視聴率を見て、打ち切りを判断するかもしれません」(元NHK音楽スタッフ)

 若い世代に人気のアイドルグループを並べても若者を惹きつけられず、昭和歌謡や演歌を切り捨てた結果、高齢者にそっぽを向かれた『紅白』。たしかに改革が必要な時かもしれない。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2022/01/20 11:36

紅白歌合戦が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…『笑ってはいけない』復活が決定打に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

チョコプラが語るYouTubeという“実験場”

──今やテレビで見ない日はないんじゃないか級の人気を誇るお笑いコンビ・チョコレートプ...
写真