日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『ゴシップ』文春もあんなに感じ悪くないぞ!
ネットニュース編集者・中川淳一郎が総ツッコミレビュー!#4

『ゴシップ』5話、若手編集者と「マスゴミ」の葛藤…文春もあんなに感じ悪くないぞ!

文=中川 淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)

[入れます!]『ゴシップ』5話、若手編集者と「マスゴミ」の葛藤…文春もあんなに感じ悪くないぞ!の画像1
『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』(フジテレビ系)

 フジテレビ木曜22時の連ドラ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』(フジテレビ系)の第5話が2月4日に放送されたが、1話完結話がついに「線」になり始めた。これからドラマは後半に入っていくが、今回ニュースサイト「カンフルNEWS」編集長の瀬古凛々子(黒木華)が中学時代に女子中学生の変死事故にかかわっているのでは、との疑惑が出てきた。

 そして謎のカメラマン・笹目虎太郎(寛一郎)のこれまでの凛々子に対する謎の監視行為との関連性も少しずつ明らかになってくる。凛々子を編集部に送り込んだ執行役員・仁和正樹(安藤政信)も着実に存在感を増しつつあり、ストーリーが一気に動いた感がある。そして毎回「戦力外」と凛々子から冷たく言われる新人編集部員・一本真琴(石井杏奈)がついに仕事に目覚める展開となる。

<過去のレビュー>第2話第3話第4話

オレら、「マスゴミ」とか言われるもんね

 真琴の存在は本作の一つのカギとなっている。というのも、彼女は本来は漫画編集者になりたかったのに、ネットニュース編集部に配属され、ゴシップネタに嫌悪感を抱いている。日々不満を持っており、今回も親友の美人プロゴルファーがパパラッチに狙われた結果、落ち込んで無期限休養を宣言することに心を痛める。

 彼女について記事を書こうとする凛々子に対し、「大事な友達をこれ以上傷つけたくありません」と真琴は言い、そこから親友ならではの独占インタビューを取ってくるという展開になった。このあたりが、若い編集者の心情をうまく描いている。そうだよな、オレら「マスゴミ」とか言われるもんね、うんうん、石井杏奈さん、あなたいい演技しているよ、なんて思ったのでした。

 さぁ、第4話ではもはや「編集者の仕事ではなく探偵の仕事になっている」というツッコミをしたが、その状況は今回も同様だった。プロゴルファーに対し、卑劣な隠し撮りをするパパラッチの正体を突き止めるのだが、これも「おとり」を使うなど、まさに探偵のやり口である。

 結果的に親友としてプロゴルファーのインタビューを真琴が取るのだが、ここでは「いい報道」(カンフルNEWSの記事)、「悪い報道」(取材対象の意向を顧みないライバルメディアの記事)という構図になっているものの、ニュースサイト自体も存在が「マスゴミ」である。そうしたメディア人の葛藤はよくわかるのだが、他社の邪魔をするのはいかがなものかとも思ったのである。

 もちろんフィクションであるためこうした演出になったが、他メディアはもちろんライバルではあるものの、同業者として一定の敬意を持ち、仕事をすべきではないか、とも私は思ったのだ。本作では「週刊文春」の敏腕記者をモデルにしたであろう人物も第2話に登場しているが、他メディアの人間と現場で遭ってもそこでは敵対関係にはならないようにするのが現実的なのではなかろうか。

12

『ゴシップ』5話、若手編集者と「マスゴミ」の葛藤…文春もあんなに感じ悪くないぞ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

『富豪刑事』タッキーとの舞台裏…伊藤監督語る

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真