日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 呪術廻戦もApexも…モバイルゲーム注目作2022

ゲーム配信でおなじみのApex・DbDのモバイル化、評判は?今年注目のモバイルゲーム

Apex Legends

 簡単操作で場所を選ばずプレイできるモバイルゲーム。家庭用ゲーム機やPCと並んで、1つのプラットフォームとして確立され、ゲーム内容もプレイしがいのあるタイトルが増えてきている。

 また、通信環境を標準で持っているスマホの特性を活かして、対戦・協力プレイが激アツのゲームも多数登場している。ここでは今年配信が予定されている注目モバイルゲームをまとめて紹介したい。

バトロワの代名詞ApexとDbdがスマホでプレイ可能に!

 YouTubeやTwitchをはじめ、動画プラットフォームの人気コンテンツとなったゲーム配信。ゲーム配信の中でも特に人気があるのが、バトロワ系タイトルだ。複数人が1つのフィールドに降り立ち、最後の1人(1チーム)になるまで死闘を続ける系のゲームで、観戦している側も一緒に盛り上がることができる。

 バトロワ系のゲームとして人気を得ているものの中に、『Apex Legends』と『Dead by Daylight』(以下、DbD)がある。人気ゲーム配信者はもちろんのこと、タレントやグラドルなどにも支持されているこの2つのゲームは、今でも毎日のように配信で使用されている。

 そして、この人気バトロワ2タイトルが、今年ついにスマホにやってくる。

 まずは、Apexだが『Apex Legends Mobile』という名称で、2022年夏にサービス開始予定だ。モバイル向けに最適化された操作性を実装して登場予定の本作は、「タブレットやモバイル対応のバトロワタイトルの中で最も高度な体験をお届けします」と宣言。

Apex Legends

 Apexの持つハイスピードバトルやレジェンド(プレイヤーが操作するキャラ)の特性を生かした戦略的な部隊プレイが、スマホで体験できるのだ。また、操作面のみならず、モバイル専用の新しいマップやゲームプレイモード、独自コンテンツが実装される。

 3月18日から事前登録が始まっており、家庭用ゲーム機・PC版と同様に基本プレイ無料でサービス開始することも判明している。モバイル版と家庭用ゲーム機・PC版でのプレイ(クロスプレイ)はできない点は残念だが、バトロワゲームの代名詞的タイトルが手元でプレイできるのは歓迎だ。

 一方のDbDは、お笑い芸人の狩野英孝の配信で見たことがある人も多いだろう。本作はプレイヤーが残忍なキラー(1人)と、キラーに捕まって殺されないように逃げ回るサバイバー(4人)に分かれて対戦する、4対1のゲーム。これが『Dead By Daylight Mobile』としてスマホでプレイ可能になる。

Dead by Daylight

 しかも、DbD Mobileはゴールデンウィーク直前の4月28日からの正式リリースが発表されている(すでに事前登録受付中)。正式リリース後にスタートするシーズン1ではシーズン報酬が用意される予定で、連休中の対戦プレイが捗りそうだ。

 家庭用ゲーム機・PC版のDbDは有料のゲームだが、このモバイル版は基本プレイ無料な点もうれしい。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真