日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 煽らない、競わせない番組の可能性

『イワクラと吉住の番組』2人が醸す絶妙な距離感 煽らない、競わせない番組の可能性

文=タカ&ユージ(たか・あんど・ゆーじ)

『イワクラと吉住の番組』2人が醸す絶妙な距離感 煽らない、競わせない番組の可能性の画像1
『イワクラと吉住の番組』TVerより

 お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただただ楽しく観るのもいいが、ふとした瞬間に現代社会を映す鏡となるのもお笑いの面白いところ。だったらちょっと真面目にお笑いを語ってみてもいいのではないか──というわけで、お笑いウォッチャー・タカ&ユージが気になる動きを勝手に読み解く!

“うまくやれない”2人と、煽らない作り方の好相性

ユージ テレビ朝日「バラバラ大作戦」枠の改変が行われて1カ月余りがたちました。『ぼる塾のいいじゃないキッチン』が好きだったので、終わってしまって寂しいです。

タカ 私も好きでした。ポテトの回なんか特にハネてましたね(2021年11月2日、11日放送「フライドポテトで2週ぶち抜きしてもいいじゃない」)。

ユージ オズワルド伊藤、霜降り明星せいや、シソンヌ長谷川などがツッコミゲストとして呼ばれていましたが、みんなどこか普段より自然体で、それが良かったんですよね。特にさらば青春の光・森田のゲスト回が好きでした。求められるキャラをある程度提供しながらナチュラルな優しさが見えて、好感度が上がりました。 

タカ ナチュラルなところが出ていると好きになるのはよくわかります。なんとなく、みんなぼる塾には優しくなるからなんでしょうね。

ユージ ただ、同じ時間帯で始まった後番組『イワクラと吉住』がかなり面白い。今季始まった「バラバラ」新番組で一番の当たりなのではないでしょうか。2人に競わせるでもなくいわゆるガールズトークをさせるでもなく、これまでテレビで見たことがなかった女子の会話が映されていますよね。2人がベタベタに仲いいわけでもなくて互いの距離を測りながら、共感することは共感してわからないときはちゃんと「??」という顔をしていて。

タカ あの距離感が絶妙なんですよ。カメラの外から2人に声をかけているのがディレクターなのかな? 女性でしたよね。声からしてイケイケじゃなくてイワクラ吉住と似たトーンで、だからなのか番組全体に変に煽るような感じがなくてそこが本当にいいです。女性芸人でも女性タレントでもドラマでも、女とみたら「恋愛」って発想になるのはおっさんじゃないですか。

ユージ 同じく春から始まった『横澤×カレン』(読売テレビ)がめちゃくちゃ対照的なんですよ。「女子といえば!」「サプライズが好き!」「スイーツが好き!」みたいな前フリでVTRがあって、それを横澤夏子と滝沢カレンと女性ゲストの3人が観るという。

タカ うわ、いかにも読売テレビっぽい!

ユージ 滝沢カレンと横澤夏子をメインにして、こんな企画やります? 絶対2人とも腹の中で白けてそう。

タカ でも、横澤夏子はそのあたりちょっとわからないですけどね。

ユージ あぁ、たしかに……というか、白けていても求められたことをやるのがプロだと思っていそうです。

タカ マジョリティの中で出世していける、ちゃんとど真ん中を生きるタイプというか。

ユージ “うまくやる”タイプだ。イワクラと吉住は『アメトーーク』の「生きづらい芸人」で共演してましたが、まさに“うまくやれない”人たちなんでしょうね。ああいう感じって、なんて表現したらいいんでしょう。陰キャでもないし「穏やか」とも違うし、ダウナーというには強気だし。二人とも芯は頑固でなめられたくないタイプじゃないですか。

タカ やっぱりネタがしっかりしているから、そこがポイントですよね。初回のドッキリVTRで吉住がしっかり怒っているのも良かった。ドッキリがかけにくいタイプだというのは芯があるってことなんですよね。拒否したり、相手に合わせないでいることができる。尊厳を踏みにじる態度にはNOを言える。そういう人に対しては、1回はドッキリやっても次からはやらないと思うんですよ。

ユージ 「面白くしてやるもんか」と思っているから、製作側にとって都合よく面白い展開にならないので次から来ない、と。

タカ でもそのピリつきが友近や河瀨直美とは違うピリつきなんですよね。全体に、しみじみ見返したい番組です。音楽やデザインも含めてトータルで完成度が高いし、セットも雑さがなくて、お金はない中で工夫してるのがわかる。

ユージ でもちょっと予算感じません? 背景が凝ってるスタジオって「バラバラ大作戦」ではほぼないですよね。予算の多寡じゃなく工夫の範囲なのかな。

タカ 「セットに時間かけすぎて」と初回で言っていたので、かかってはいるのかも。でも予算総額は他番組とそう変わらないでしょう。やりくりしてるんだと思いますよ。あとはゲストを呼ばないとその分節約できますし。

ユージ ほかのスタジオの番組は結構ゲストありきですもんね。

タカ まぁ、東京03・飯塚さんは来てましたが。

ユージ そこはお付き合いというか(笑)。

12

『イワクラと吉住の番組』2人が醸す絶妙な距離感 煽らない、競わせない番組の可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真