日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 「天心vs武尊」フジ放送中止での“本音”

「天心×武尊」戦を見限ったフジの本音、実行委員の怒りと未練…緊急会見から透けてきたもの【会見全文】

緊急記者会見の全容

5月31日「THE MATCH 2022」に関する記者会見・発言全文

榊原 急遽お時間をいただいて、集まっていただいてありがとうございます。残すところ3週間になってですね、明るいニュースをたくさん届けていければと思っていた矢先の今日、会見ということで。まあ、事の経緯を皆さんにキチッと伝えていければと。そう思っております。
 まず、すでに報道各社の皆さんにはご理解いただいていることだと思いますが、本日、昼過ぎですかね、昼ごろにフジテレビのホームページおよびフジテレビさんの「THE MATCH 2022」公式アカウントにおいて以下のようなアナウンスがありました。

〈THE MATCH 2022についてのお知らせ
6月19日(日)のTHE MATCH 2022は主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせします〉

 という、この発表があって。まあ、今日この会見に至るということであります。まず、この決定がなされたことに対してはですね、とても残念に思ってますし。正直まあ、僕はこのフジテレビさんとの交渉を担当させていただいていたので、状況は逐一わかっておりましたが、実行委員の中村プロデューサー、伊藤代表にはその後ご案内することになって、まあ、お二人含めて、突然のことで頭が真っ白になっているという状況にあります。

 私もこういう形で、ここでフジテレビさんが放送を降りるということが正式に決まるというふうに、正直思ってなかったんで。残念に思っております。

 まあ、本当にこの発表というかですね、放送がないということが、一つはすごく楽しみにしてくれていたファンの皆さんとか。フジテレビさんで言えば、視聴者の皆さん、本当に申し訳ないということを感じているのと。

 あとはこの試合を通じて、子供たち。まあ、ペイパービューで有料で見ていただくっていうファンの皆さんとは別にですね。未来の、天心、武尊。そしてその他、格闘家たちに憧れて、志してくれるでろう未来の子供たちへのメッセージを届けたいというのが天心選手、武尊選手、両選手とも強い思いがあったんで。

 その選手たちの思いがこういう形で叶わなくなってしまったことにですね、まあ、本当に私の交渉不足も含めてお詫びしたいと。そう思っております。

 まあ、残念に思うことと含めて、じゃあ、何で契約に至らなかったのかというところに行き当たるんだと思うんですが。うーん、いくつかの要因が考えられると思います。

 まず、現時点での私の解答からすると、正直、何が最終的な原因になったのか。そこは明確なものはないという状況にあります。

 当然あの、5月の9日でしたか。週刊ポストさんで、これはまあ、私に関する音声データをベースに記事が載りました。これは当然、フジテレビさんからすると、由々しき問題で。まあ、その前後、記事が出るっていう前後から、徹底的な身辺調査を含めた「反社チェック」というかですね。そういうものが私も含めて、私以外の個人、スタッフも含めて皆さん、関係各位の人たちには行われました。

 で、そういう中で当然、反社じゃもちろんないですし。反社との交際もないっていうことがフジテレビさんも認識できたんで。翌週の確か5月の16日の週刊ポストさんの記事の取材には、フジテレビさんは引き続き放送をする。変更はございませんという発表を広報されています。
 私はそれの中で、独自のインタビューをポストさんに受けて。事の経緯をご説明させていただいたというふうに。

 それで一旦、この放送する/しない問題というのはフジテレビさんの中でも調査を尽くして。これはゴーだということで。放送に関しては変わらずだなというふうに認識しておりました。

 ただ、その後、フジテレビさんの社内の中で、当然、いろんな意見があると思います。これは常日頃からですけども。格闘技に対してすごく前向きな意見を持って、コンテンツとして取り上げていただける役員の方もいれば、やっぱり、格闘技ってやめようよという意見の人もいるでしょう。これは好き嫌いの問題なんで。何とも言えないですが。

123456789101112131415
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed